投稿

ラベル(Root)が付いた投稿を表示しています

これだけは入れておきたいRootアプリまとめ

イメージ
ここで紹介するRootアプリはCyanogenMod 13上で動かしたもので、利用しているROMによっては正常に動作しない場合があるのでご注意ください。
SuperSU 制作: Chainfire 評価: 4.3 / 5段階中 価格: 無料 (2016/5/6 時点) posted by: AndroidHTML v3.1 これがないと始まらない!Root権限管理アプリ。
かなり高性能なRoot管理アプリでRoot権限を隠したり、OTAアップデート時にRoot権限を消されなくすることも可能です。

Titanium Backup ★ root 制作: Titanium Track 評価: 4.6 / 5段階中 価格: 無料 (2016/5/6 時点) posted by: AndroidHTML v3.1 Rootを取得していればきっと一度は入れたことのあるであろう王道バックアップアプリです。
Android 6.0にも対応済み。

Greenify 制作: Oasis Feng 評価: 4.4 / 5段階中 価格: 無料 (2016/5/6 時点) posted by: AndroidHTML v3.1 今やこのためにRootがほしいと思えるほどの節電アプリ、選択したアプリケーションをバックグラウンドで動かなくする「冬眠」という新しい発想で、例えばFacebookやLINEなどの無効化するのは困るが電池をとても食うアプリに対処できるようになりました。ホントにすごいアプリです。 有料版アップグレードすれば冬眠したアプリであっても通知を受けられるようになります。

Amplify Battery Extender -Root 制作: Ryan Steckler 評価: 4.2 / 5段階中 価格: 無料 (2016/5/6 時点) posted by: AndroidHTML v3.1 「Amplify」はウェイクアップやアラームの動作回数を制限して電池消費を抑えるXposedモジュールです。Greenifyと合わせて使うと鬼に金棒です。
利用にはXposedの導入が必須です。
関連記事
Xposedモジュール「Amplify」(旧Unbounce)データベース
Xposed GEL Settings [ROOT]

Android上でROMをバックアップしたりZipをフラッシュ可能なFlashFireの紹介

イメージ
AndroidでROMをバックアップしたりZipをフラッシュする際にはカスタムリカバリーが必要になりますが今回紹介するFlashFireを利用することでアプリから簡単に作業を行う事ができます。


使用するにはSuperSUが必要でCyanogenMod内蔵のRoot管理ソフトのみではFlashFireにRoot権限を与えることが出来ませんでした。

現在のバージョンで可能な作業はROMのバックアップ、リストア、初期ROMのフラッシュ、ZIPのフラッシュ、Wipeです。

試しにFullを行ってみます。






するとこのようにロード画面が表示されその後バックアップが始まります。
そこそこ時間がかかり操作も受け付けなくなるのでバッテリー残量にご注意ください。

こうしてバックアップしたデータはリストアから復元可能です。

その他には、いわゆる初期ROMと呼ばれるファームウェアやOdin形式のファイル、ZIP形式のアップデートファイルをフラッシュなどカスタムROMを運用する上で必要不可欠な機能が盛りだくさんなアプリになっています。Nexus用のファクトリーイメージもPC無しで簡単に導入可能です。

現在アプリはベータ提供となっておりダウンロードするにはテスターになる必要があります。
Google+:https://plus.google.com/communities/116661625291346007584
テスター申請:https://play.google.com/apps/testing/eu.chainfire.flash
ダウンロード:https://play.google.com/store/apps/details?id=eu.chainfire.flash&ah=CBtJV8BBW-J9TldAshwqJZvXr0k
XDA:[Android 4.2+][ROOT] FlashFire - Play BETA - PREVIEW

XposedはAndroid 5.0.2 Lollipopで既に動作可能、開発者rovo89本人が画像を投稿

イメージ
「Xposed」のAndroid 5.0 Lollipop(ART)への対応がどのくらい進んでいるのかがわからないためにXposedの代替フレームワークになるかもしれない「El Pollo」が先日話題になりましたが、XposedがAndroid 5.0.2 Lollipopで既に動作している画像を開発者rovo89本人がxdaに投稿しました。

Xposed形式のフレームワーク「El Pollo」が開発中、Android 5.0 Lollipop(ART)に対応

イメージ
Android 5.0 Lollipop(ART)への対応がどのくらい進んでいるのかがわからないXposedフレームワークですが、それとは別に「El Pollo」(エルポジョ)と呼ばれるフレームワークが別の開発者らによって開発中であることがわかりました。

Titanium Backupがv7.0.0へアップデート、Lollipopへの最適化とCM12の組み込みSU/バイナリのサポートが追加

イメージ
Titanium Backupがv6.2.0.3からv7.0.0へと大型アップデートされました。

CyanogenModでrootを有効にする方法

イメージ
CyanogenModではrootアクセスが標準で無効になっています。AdAway等のroot化が必要なアプリを動作させるには、手動でrootアクセスを有効にする必要があります。

CyanogenMod 12ではスーパーユーザーをプライバシーガードに統合

イメージ
CyanogenMod 12(以下CM 12)でRoot権限の仕様に変化がありました。


今までのCM 12、そして現行公式ビルドされているCyanogenMod 11ではスーパーユーザーというシステムに組み込まれたRoot管理アプリが付属していましたが、最新のCM 12のコードではスーパーユーザーが削除されていました。

Xposedモジュール「Amplify」データベース

イメージ
「Amplify」(旧Unbounce)はウェイクアップやアラームの動作回数を制限して電池消費を抑えるXposedモジュールですが、その使い方や推奨設定を日本語で紹介しているサイトが見つからなかったので作りました。