投稿

ラベル(Qualcomm)が付いた投稿を表示しています

auショップでQuick Charge 3.0に対応したHTC 急速充電 ACアダプタを購入してみる

イメージ
HTC 10はQuick Charge 3.0に対応しており、Quick Charge 3.0に対応したHTC 急速充電 ACアダプタも付属しているのですが私が購入したHTC 10 M10h(香港版)には日本国内で利用出来ないタイプのACアダプタが付属していました。

しかし、そこは純正品を使いたいなと思っていた所、HTC速報さんが次のような記事を書いていました。
au 「HTC 10 HTV32」で同梱されている”HTC 急速充電 ACアダプタ”を単体購入してみた | HTC速報
これは購入する他無いだろうと思い早速auショップへ。

店員さん「いらっしゃいませ」
ぼく「HTC純正の急速充電器売ってますか?」
店員さん「現在は取り扱ってないですね」
ぼく(まじか)

と、その時商品コードの存在を思い出し店員さんに伝えました。
#HTV32#HTC10 に同梱されているQuickCharge 3.0対応ACアダプターを店舗で買いました! 別売りしてる事を知らないスタッフが多いですが、商品コード 79H00147 で調べて貰うと買えますよ! pic.twitter.com/GK8TsMnxHy — HTC速報 (@HTCsoku) 2016年6月17日 店員さん「あ、ありました。ケーブルとセットでの販売になりますがよろしいですか?またお店に在庫がないのでお取り寄せになります。」
ぼく「わかりました」
店員さん「お会計2916円になります」

ということで現金で支払いを行い無事購入しました。
5日程で店舗に届くらしいので届き次第受け取りに行こうと思います。

追記 無事入手出来ました!

Qualcomm、ハイエンドSoC「Snapdragon 820」を正式発表

イメージ
Qualcommは10日(現地時間)、モバイル端末向けのハイエンドSoC「Snapdragon 820」を正式に発表しました。

Snapdragon 820(以下S820)は、Snapdragon 810(以下S810)比で約二倍の処理能力を持つとされています。
14nm FinFETで製造されたクアッドコア最大2.2GHz動作のカスタムCPU「Kyro」を搭載したSoCでメモリはデュアルチャンネルのLPDDR4-1866をサポートします。
S810ではオクタコアでしたがやはり発熱などの批評もあり、4コアに変更したのでしょうか。

「Quick Charge 2.0」からさらに38%効率化された高速充電技術「Quick Charge 3.0」にも対応するので、S820搭載端末は今までより早く急速充電が可能になります。

セキュリティ面もいわゆるキスイッチと呼ばれる「SafeSwitch」、3次元指紋センシング技術の「Sense ID」、学習型アンチウイルス技術の「Smart Protect」など、かなり強化されています。

経由:PC Watch Qualcomm、モバイル端末向けSoC「Snapdragon 820」を正式発表
~前モデル比でCPUは2倍、GPUは40%の性能向上
情報元:Live from New York, it’s Snapdragon 820: Prepare for an immersive dive into mobile experience

CyanogenはQualcommとの戦略的パートナーシップを発表

イメージ
Cyanogenはロゴやホームページの刷新を行いましたが、それと同時にQualcommとの連携を発表しました。

Qualcomm製のベンチマークアプリVellamo Mobile Benchmarkの紹介

イメージ
皆さん、Androidスマートフォン/タブレットのベンチマークは図っているでしょうか?
最近はどのAndroidスマートフォンやタブレットもとっても快適で、数値なんて関係ないという人も多いですが、それでもやっぱり気になってしまうものですよね!

OnePlus Oneは一度の充電で60時間以上の音楽再生が可能

イメージ
OnePlus Oneといえばハイエンド端末でありながら、64GBモデルが約36,000円ほどで購入できることで注目されているスマートフォンですが、それに加えて、一度の充電で60時間を超える音楽の連続再生が可能であることがわかりました。

動画から実際に60時間以上動作していることが確認できます。


ちなみにiPhone 5Sのスペック上の音楽連続再生時間は40時間なので、この動画ではそれを20時間以上も上回る結果となっています。

この驚異的な電池持ちは、主にSnapdragon 801のHexagon DSP(デジタルシグナルプロセッサ)によって実現されています。
他社のプロセッサでは音楽の再生にCPUを使用しますが、OnePlus Oneに搭載されているSnapdragonプロセッサではDSPを使用することでCPUと比べると非常に少ない電力で音楽を再生することが可能になっています。

情報元: Qualcomm Snapdragon Processors