投稿

ラベル(Nexus 5)が付いた投稿を表示しています

Nexus 5にLineageOS(Android 7.1.1)を導入してみた

イメージ
CyanogenModの後継プロジェクトであるLineageOSをNexus 5にインストールしました。
以下の内容を行う場合全て自己責任でお願いします。

事前準備

最新のLineageOSをダウンロード最新のTWRPをダウンロード機種に合ったGAppsをダウンロード、今回はARM, 7.1、Variantはお好みで。個人的にはnanoがおすすめ。Nexus 5を最新の状態にします。色々弄っている場合はFactory Images for Nexus and Pixel Devicesからファクトリーイメージをダウンロードし、適応しておくのが確実です。記事作成時点ではAndroid 6.0.1 (M4B30Z, Dec 2016)

導入方法

Nexus 5のブートローダーアンロックを行います。既にアンロック済みの方は6まで飛ばしてください。Nexus 5を電源オフの状態で電源ボタンと音量下長押しでブートローダーモードにします。Nexus 5をADBコマンドが使えるPCに接続します。最後まで接続したままです。コマンドプロントに"fastboot oem unlock"と入力してエンターを押します。Nexus 5を操作してYesを押します。(音量ボタンで上下、電源で決定)5でアンロック出来たNexus 5にTWRPを導入します。既にTWRPを導入している方は飛ばしてください。コマンドプロンプトに"fastboot flash recovery "と打ち込み、ダウンロードしておいたTWRPをドラッグアンドドロップしエンターを押します。TWRPの書き込みが終わったらNexus 5の音量ボタンと電源ボタンを操作してリカバリーモードに入ります。TWRPが立ち上がれば成功です。TWRPのWipeをタップし、Swipe to Factory Resetをスワイプします。TWRPのAdvancedをタップします。ADB Sideloadをタップします。Swipe to Start Sideloadをスワイプします。コマンドプロンプトに"adb sideload "と打ち込み、ダウンロードしておいたLineageOSをドラッグアンドドロップしてエンターを押します。戻るを押し再度Swipe to Start Sideloadをスワイ…

Nexus 5 CAF向けのCyanogenMod 13の公式配信が停止されました

イメージ
Google Nexus 5 CAF(hammerheadcaf)向けのCyanogenMod 13の公式配信が停止されました。CAF版ではないGoogle Nexus 5(hammerhead)については今後も配信が続けられることになっています。

Google、Nexus 5/ 6/ 7/ 9/ Playerの5機種にAndroid 6.0のファクトリーイメージを公開

イメージ
GoogleはAndroid 6.0 Marshmallowのファクトリーイメージを公開しました。
公開されている機種は下記の5デバイスです。

・Nexus 5
・Nexus 6
・Nexus 7 (Wi-Fi / LTE)
・Nexus 9 (Wi-Fi / LTE)
・Nexus Player

ビルドナンバーは「MRA58K」となっています。
一応今週からOTAも始まるので、端末単体でアップデートしたい方は通知が来るまで少しの辛抱です。


情報元:Factory Images for Nexus Devices - Google Developers

Nexus 5を一年以上利用してみた感想

イメージ
なんだかんだで一年以上ゴリゴリ利用したNexus 5のレビューをします。
Nexus 5は、LGエレクトロニクスとGoogleによって共同開発されたAndroidのリファレンス機でいい意味でも悪い意味でも余計なモノが付いていません。
デザイン ハードはとってもチープですが握りやすく、長時間触っていてもつかれません。重さも130gくらいなので軽いですね。

保護フィルムのみ付けてケースは付けずに運用していましたが大きなキズは付いていません。
はじめのうちは「ちょっとださいかな」と思っていた見た目のずっと使っていると愛着が湧くものです。
ソフトウェア
現在Android 5.1 Lollipopを使っていますがこれは素晴らしいですね。 Android 4.4の時より美しいアニメーションやわかりやすい通知画面でAndroidに触る楽しさがあります。
OSが軽いので最新のスマホと比べても遜色ないさくさく感を味わえます。

また、Nexus 5はいくつものカスタムROMがあるので自分で好きなモノを選んで使うのも楽しみの一つだと考えています。(もちろんGoogleからのアップデートも早いのでそれだけでも十分ではありますが)

通信関連
Nexus 5はモバイルネットワーク、Wi-Fi共に安定して接続が出来ました。特にWi-Fiはかなり安定感があり、通信が途切れることはほとんどありませんでした。

不満点 ここがダメダメだ!という部分は私的にはあまりなかったのですが強いて書くなら容量が心もとなかったですかね。 音楽や動画をどかどか突っ込んでいくと32GBなんて直ぐに使いきってしまうのでその辺りのやりくりが大変でした。やっぱりSDカードスロットがあるなり64GBや128GBなどの選択肢が欲しかったなぁと思ってしまう部分はありますね。

と、いうことで大体一年使用レビューでした。 Nexus 6購入後もサブ機として頑張って貰う予定です。そろそろバッテリー交換したいなー。 そういえばGoogleが昔言っていたアップデート18ヶ月保証が今月で終わりですね。 Nexus 7 2012やNexus 4がまだ最新アップデートを受けているのでおそらくAndroid M以降もNexus 5はアップデートされると思いますが。

もしよければバッテリーのカンパお願いします!

Nexus 5にAndroid Mを導入してみた

イメージ
早速公開されたAndroid Mを導入してみました。


今回もLollipop同様Material Designが採用されていますね。


ロック画面の基本的なデザインは変更されていませんが、左の標準ショートカットがマイクに変更されています。

ホーム画面もあまり代わり映えしていないように見えますが・・・

ドロワーが大幅に変更されています、大画面の端末でも使いやすくなりました。

上部の検索バーでお目当てのアプリを簡単に探しだすことも出来ます。

ホームボタンを長押ししてGoogle Nowを、画面を切り替えることなく利用することも可能に、またGoogle Nowが利用時に更に最適な情報を提供してくれるようになりました。

アプリの権限をユーザーが厳格に設定出来るようにもなりました。 不信なアプリの権限ともこれでおさらばですね。

システムのテーマ変更にもようやく対応、今までのライトに飽きてしまった方はダークを使ってみましょう!

クイックセッティングの編集もAndroid標準で対応しました、ただし現在のビルドではいじりすぎると強制終了してしまいます。
この他ネイティブに指紋認証やUSB-Cに対応してりしているので次期Nexusではそのあたり搭載してくるのかなとか思っています。 正式リリースが待ち遠しいですね。
ちなみにNexus 5は暗号化されていませんでしたがNexus 6はやはり標準で暗号化されていました。 私は行っていませんが、このビルドを少しいじることでマルチウィンドウを有効化出来るようです。 https://codeandcommand.wordpress.com/2015/05/29/extremely-experimental-multi-window-support-on-android-m-developer-preview/


詳細な変更点などはこちらをどうぞ http://developer.android.com/index.html

hammerheadとhammerheadcafの違いについて

イメージ
最近、Nexus 5向けのカスタムロムとして「hammerhead」とは別に「hammerheadcaf」というものがリリースされていますが、インストールした限りではその違いがわからなかったので何が違うのか調べてみました。