投稿

ラベル(Nextbit)が付いた投稿を表示しています

Nextbit RobinがAndroid 6.0.1にアップデート、電池持ちやカメラの改善など

イメージ
RobinのAndroid 6.0.1のアップデートが4/27から配信され始めました。

更新内容

拡張絵文字セットを含むAndroid 6.0.14月のセキュリティパッチバッテリー持ちの改善パフォーマンス改善カメラの高速化ドライバレベルでサウンドチューニング 以前予告していたように4月中にAndroid 6.0.1へのアップデートを行ってくれました。 全体的にパフォーマンスの改善が行われているようですね。


情報元:A slew of exciting announcements Nextbit

クラウドと統合されたスマートフォン、Nextbit Robinを開封レビュー

イメージ
Nextbit Robinが手元に届いたので開封レビューをしていきます。

なかなか見ない縦長パッケージ。シンプルですがおしゃれですね。

よく見るとクラウドマークが描いてあります。

一ページ目。本当に本みたいになっていますね。

Robinとご対面です。綺麗なミントカラーです。※画像では濃く映っていますが実際にはもうちょっと薄い色をしています。
左には充電やSIMの挿入方法が書かれています。

今までのスマートフォンとは雰囲気が違います。

丸型のスピーカーが2つ付いているのが特徴的。インカメラと接近センサーもインパクト大ですね。

背面はミントと白のツートンカラー。主張しないロゴがオシャレで素敵です。

クラウドと同期をしている時はこのクラウドマークの下にあるランプが点灯するようです。

SIMカードの種類はnano-SIM. SIMピンもクラウドマークで可愛いです。

本体は角ばっているので普段使っているGalaxy S7と比較してしまうとかなり握りにくいと感じました。角は丸みを帯びているので握っていて指が痛くなる様なことはありませんがすべすべしているので落下の危険性がありそうです。純正のケースを付ける事でグリップ感が向上するので外で使う際はそちらを装着する等の落下対策が必要だと感じました。
驚いたのは指紋認証の早さ、Nexus 6PやGalaxy S7よりも高速で意味もなく指紋認証してしまう気持ちよさがあります。
目玉のクラウド機能はまだストレージをほとんど消費していないので十分なテストが行えなかったのでまた別の機会でお話できればいいなと思います。
技適も通っているので国内でも安心して利用出来るデバイスです。
購入:Nextbit

Nextbit Robinのファクトリーイメージを保存して備えよう

イメージ
Nextbit Robin用のファクトリーイメージが公開されているのでRobinをアンロックして遊び倒す予定の方はいざという時の為、予めダウンロードしておくと良いでしょう。
ダウンロードhttp://bit.ly/00WW_1_19F
ファクトリーイメージ情報Android Version: 6.0Android Security Patch Level: January 1, 2016Baseband Version: M8992FAAAANAAMBuild number: 00WW_1_19F
導入方法(ブートローダーアンロックされている事が前提)INSTRUCTIONS for Windows
Plug your Robin into your PCBoot your Robin into Fastboot mode (Power + Volume Down)Open a command window in the 119F folder (With the folder open, press Shift + Right click)Type flash-all.bat and press EnterYour phone will flash all the necessary files and reboot

INSTRUCTIONS for Mac
Plug your Robin into your MacBoot your Robin into Fastboot mode (Power + Volume Down)Open Terminal and navigate into the directory containing the image filesType ./flash-all.sh and press ReturnYour phone will flash all the necessary files and reboot
情報元Nextbit Community/Android Development/Tools/Nextbit Robin Factory Images
情報元2Nextbit Robin 00WW_1_19F Factory Image now available
経由[STOCK][6.0] Nextbit Robin…

Nextbit Robin を公式サイトで注文してみた

イメージ
Nextbit が販売してる Robin を公式サイトで注文してみました。

保護フィルムやケースも一緒に購入してトータルのお値段が日本円で約 5.6 万円程となりました。送料などが結構高いですね。

どうせ購入するなら Kickstarter で早期に出資しておけば良かったなと思ってしまったりしますが、とりあえず気になっていたミントカラーが入手出来そうで満足です。
公式サイトでは現在予約が殺到し在庫がなくなったらしく Ships in 2 weeks となっているので気長に待つ必要がありそうです。

+Style での販売も近々行われるらしいので気になっている方はそちらも要チェックですね。

巷で話題のスマホ Robin の魅力まとめ

イメージ
+Styleで国内販売が決定し、注目が集まっている Robin がどのようなスマホなのか、その魅力をまとめてみました。

Robin は、2015年9月にクラウドファンディングサイトの Kickstarter に登場。
無事資金を集め、2016 年 2 月から出荷を開始。現在は、公式サイトサイトで 399 ドルで販売をしています。

このデバイス最大の特徴はクラウドとの連携で、使ってないアプリなどを自動的にクラウドストレージに移動させ、内部ストレージを気にすること無く、という使えるのです。
クラウドストレージは無料で 100GB 利用できるので内蔵ストレージの 32GB と合わせて 132GB 分使えるわけです。


本体横には指紋認証機能も備えているのですがこれが非常に評価が高く、かなり高速に解除出来るようです。

ソフトウェアはほとんど AOSP で、セキュリティパッチのアップデートもしっかりと行っているようです。
また、カスタム ROM である CyanogenMod 等のインストールを行っても保証が切れることは無いようなので ROM 焼きが好きなユーザーには夢の様な端末かも。
Specs - Nextbit Robin comes with an unlocked SIM so you can choose your own carrier. The unlockable bootloader and open source drivers make it easy to load CyanogenMod or any other ROM you want and Robin will still be under warranty. 可愛らしいポップなデザインですが、 Snapdragon 808 を搭載していたりゴリラガラス4を採用していたりとハイエンド並のスペックを備えつつ、価格は 4 万円台となかなか魅力的な一台。
メイン機運用は難しいかもしれませんがサブ機としてはかなり優秀なのかもしれません。
購入は公式サイトから行えます。
Nextbit Introducing Robin, the first Android phone that makes running out of space history. With the cloud integrated i…