投稿

ラベル(Galaxy S8)が付いた投稿を表示しています

Peel Super Thin Galaxy S8 Caseを購入してみた。

イメージ
Peelというメーカーのシンプルな薄型ケース、Super Thin Galaxy S8 Caseを購入しました。

本当に薄く、つけているのか一瞬わからないレベルです。
カメラも安物ケースのような適当感もなく、バリなどが一切ありません。マイクやセンサー類もピッタリ、完璧な設計です。
値段は張りますが、傷もつきにくく、質感もいいので出来る限りシンプルな薄型ケースがいいという方におすすめです。メーカーロゴがないのもGoodです。
ただし、画面側から落下させた場合確実に破損すると思われるのでバンカーリングなどがあると良いかもしれませんね。

もちろん日本国内への発送も行っており、関東に住んでいる私の場合購入から到着まで1週間ほどでした。

購入:Super Thin Galaxy S8 Case

シンガポール版Galaxy S8のDaydream対応のソフトウェアアップデートを開始

イメージ
シンガポール版Galaxy S8に2017-08-04にDaydream対応のアップデートが開始されました。

その他の情報は以下の通りになっています。
ビルド番号:G950FXXU1AQG5
カメラの安定性が改善されました。ワイヤレス充電の安定性が改善されました。
Source:http://doc.samsungmobile.com/SM-G950F/XSP/doc.html

Galaxy S8とGalaxy S6 edgeを比較

イメージ
2017年のSamsungのフラグシップモデル、Galaxy S8と2015年のフラグシップモデル、Galaxy S6 edgeを比較していきます。

シンガポール版Galaxy S8にナビバー非表示ボタン追加のアップデートが配信中

イメージ
国内版にはすでに配信されていたナビゲーションバー非表示ボタンの追加アップデートがシンガポール版Galaxy S8にも配信開始されました。

ダウンロードサイズは630.55MBとそこそこあるのでご注意ください。

インストール画面

画面下部に丸いボタンが追加され、それをタップするとナビゲーションバーが隠れるようになります。何気に便利です。
セキュリティパッチも6月のものに更新されました。

Galaxy S8のバッテリー持ちについて実機テスト

イメージ
Galaxy S8の電池持ちを実機で試してみました。 バッテリー消費が激しいFateGOを中心に、YouTubeやTwitterを実行してみました。
FateGO:約3時間20分Twitter:約30分ブラウジング:約30分YouTube:約30分オフライン動画再生:約30分その他作業:1時間

測定はWi-Fiオン、Bluetoothオフ、自動回転オン、GPSオン、自動同期オンで5%になるまで行いました。

FateGOが相当バッテリーを使うゲームなのですが思いの外電池が持ちますね。
節電モードを使ったりゲームチューナーでゲーム設定を変更すればもっと持ちそうです。

計測中はずっとスマホを触り続けていたので通常の使い方であれば余裕で一日持つと思われます。

Galaxy S8|S8+の電池持ちはAndroidスマホの中では極めて優秀か http://www.saiano.com/2017/05/galaxy-s8android.html

Samsung Galaxy S8 Midnight Blackをレビュー

イメージ
Samsungの2017年ハイエンドモデル、Galaxy S8のMidnight Blackを購入したのでレビューしていきます。購入先はExpasynsです。
日本発表も秒読み、でしたが我慢できずに買ってしまいましたね・・・。au版は6月8日から発売されるようです。
3月末にアメリカ・ニューヨークで行われた新製品発表会で見た時から楽しみにしていたので今までのどのスマートフォンより開封時は興奮していました。
モデル番号はSM-G950FDでシンガポール版です。
S8用の箱もS7同様に高級感があります。側面にはストレージ容量やカラーの情報が記載されています。
付属品 本体のほか、USB-ACアダプタ、USB-Cケーブル、イヤホン、microUSB to USB-C変換アダプタ、USB-A to USB-C変換アダプタが付属しています。
5.8インチながら大きさを感じさせないボディ このサイズを実現できたのは両側をEdgeさせたInfinity Displayのおかげでしょう。全面の83.6%がディスプレイだというのですから驚きです。
今回購入したMidnight BlackはまるでiPhoneのジェットブラックのような光沢感で、所有欲を満たしてくれます。
写真でみたフレームはテカテカでチープだと感じましたが実物に安っぽさはありません。
S6 edgeよりEdgeがゆるくなっている様子。画面サイズもだいぶ違いますね。
整理された設定画面 S8に搭載されているGalaxy Experience 8.1では今までのGalaxyデバイスより更に設定項目がわかりやすくなりました。
パフォーマンスとセキュリティ FateGOなど、重たいゲームをしてもサクサク動きます。専用のパフォーマンス機能や録画機能を備えるのでスマホゲーマーとしては嬉しい限りです。
またS8からはMcAfeeのVirusScanがシステムに搭載され、ウイルスから端末を守ってくれます。
やはり保護フィルムは張りにくい 2.5DガラスやEdgeのあるスマートフォン全般に言えることですが、保護フィルムの張りにくさは健在です。
ほとんどの製品が浮いてしまうでしょう。ガラスのほうが張りやすいかもしれませんがまだまともな製品があるのかわかりません。
Samsungが公式保護フィルムを販売しているようなので完璧な製品を求める方はそち…

Galaxy S8|S8+の電池持ちはAndroidスマホの中では極めて優秀か

イメージ
Galaxy S8+はバッテリーテストの結果iPhone 7 Plusに迫る結果を残しています。 Androidスマートフォンとしてはかなり優秀な成績で、急速充電機能機能も備えているので万が一出先で充電をすることになっても短時間充電で済みそうですね。
さらにS8を加えた別のテストではS8+をS8が若干上回る結果になっています。

情報元
Samsung Galaxy S8 and S8+ battery life test result is out

Snapdragon版Galaxy S8、内蔵ストレージはUFS 2.0とUFS 2.1メモリが混在している模様

イメージ
HuaweiのMate 9などで同様の問題が騒がれていましたが、複数のメディアが一部の「Snapdragon 835」を搭載する「Galaxy S8」および「Galaxy S8+」に、「UFS 2.0」規格のストレージが搭載されていることが判明したと伝えています。(メディアによってはS8のみ混在が確認出来たとしている)

購入者対してのアンケート結果もSnapdragonモデルへのUFS 2.0混入の高さを示しています。
View Poll Results: What is your S8 variant and what flash chip do you get?

体感に差はない、とのことですが確実にUFS 2.1モデルが欲しい場合はExynosモデルを買うのが良さそうですね。

情報元

Snapdragon搭載版「Galaxy S8」シリーズ、内蔵ストレージはUFS 2.0とUFS 2.1メモリが混在Samsung、Galaxy S8の一部に仕様のUFS 2.1ではなくUFS 2.0を使用していたことが判明Lots of Snapdragon 835 Galaxy S8 units apparently have UFS 2.0 instead of newer UFS 2.1 memory. Should you care?

Galaxy S8に不具合か、勝手に再起動してしまう症状

イメージ
Samsung Galaxy S8で、新たな不具合が報告されているようです。

不具合というのは突然デバイスが再起動するというもので、詳しい原因は分かっていませんがニュースサイト9to5GoogleはmicroSDカードが関係しているのではないかと指摘しています。

ソフトウェア更新で修正可能な問題であればSamsungには迅速な対応をしてもらいたいところですね。

情報元:Some Galaxy S8 owners are reporting sudden random reboots

Galaxy S8 | S8+を予約できるサイト一覧

イメージ
Samsung の新フラッグシップ「Galaxy S8」「Galaxy S8+」の予約を開始しているサイトをまとめます。デバイス表記は各サイトに合わせています。

Galaxy S8 | S8+についてまとめ

イメージ
ついに発表されたSamsungの新フラグシップ、Galaxy S8についてまとめます。

ネーミング 規則通り次期モデルはS8になるようです。大型のS8+も存在するようです。

デザイン ホームボタンは廃止。
指紋認証は背面に回るようです。
極限までベゼルが狭められたInfinity Displayを搭載し、今までのフラットなスマートフォンとは違った印象を与えてくれます。
アスペクト比も変更され、18.5:9と従来よりも縦長となっています。

スペック 10nmプロセスのSnapdragon 835 (2.3GHz 4コア + 1.7GHz 4コアのクアッドコア)、または地域によりExynosプロセッサ。
Galaxy S8と見られるデバイスがAnTuTuベンチマークでスコア20万点超えを叩き出したようなのでスコアが本当であれば「Galaxy S8」は現時点で最高の性能を持つAndroidスマートフォンということになります。

ストレージ 4GB RAM+64GB内蔵ストレージ(UFS 2.1)
microSDXCにも対応(256GBまで)

カメラ 背面カメラはデュアルピクセル 12MP F1.7。撮影時に1回のシャッターで内部で3枚の写真を撮影し、それらを合成することで画像のブレを低減するとともに、コントラストを最大化する機能を備えるようです。
前面カメラは8MP、AF対応、F1.7。広角撮影にも対応。

バッテリー バッテリー容量はGalaxy S8が3,000mAh、Galaxy S8+が3,500mAh。
とても大きいというわけではないので実際電池持ちが気になりますね。

ソフトウェア AIアシスタントBixbyを搭載
また、Windows Phoneに実装されているContinuumに似た新機能のDeXを備え、スマートフォンをデスクトップコンピュータのように利用可能です。
今までの指紋認証などに加え、瞳で認証する虹彩認証も備えています。

国内販売は? 現時点で国内販売が行われるのかは不明ですが、au版と見られるS8の画像が出回っていることからauから本機が販売される可能性は高そうです。
国内向けのGalaxy S8のページも作られています。