投稿

ラベル(CyanogenMod 12)が付いた投稿を表示しています

CyanogenModのStagefrightへの対応と、次期安定版について

イメージ
Cyanogen チームによると、CyanogenMod 10.1 から 12.1 のソースにすでにStagefright の対策パッチが適応されているとのこと。
CM 12.1については 8 月 14 日(デバイスによっては 15 )のビルドからパッチが適応されたROMになっているようです。
同時に DefCon / Blackhat で発見されたバグも修正されているとのこと。

また、今月末までにCM 11.0とCM 12.0、そしてCM12.1の、バグ修正等を行った新しい安定版を公開する予定のようです。

情報元
stagefright: Don't crash on invalid / null AVCC atoms in MKV



非常に完成度の高い無料のCMテーマアプリ「LONE CM12 THEME」

イメージ
完成度の高いCMのテーマアプリの多くは有料にて公開されていますがLONE CM12 THEMEは無料で公開されているクオリティの高いテーマアプリです。

このテーマのモチーフはOnePlus Oneで赤でまとめあげられています。


ホーム画面はこのようになり、アプリにもアイコンパックが適応されます。またタスクボタンをよく見ると+マークがついていて遊び心を感じます。

起動時のブートアニメーションもとってもかっこいいのですが、それはご自身で導入して確認してみてください!赤黒が好きな方ならきっと気にいることと思います。

このテーマはCyanogenMod 12、CyanogenMod 12.1、Cyanogen OS 12で利用可能です。

先ほどまでリンク先を間違えていたようです。申し訳ありません。
+珍歩湖亭鳳慶+Aoki Kouki ご指摘ありがとうどざいます。

LONE CM12 THEME 制作: Kikkos 評価: 4.9 / 5段階中 価格: 無料 (2015/5/3 時点) posted by: AndroidHTML v3.1

CyanogenMod 12をXperia UIにまるまる変更するMODがリリース

イメージ
CyanogenMod 12をXperia UIにまるまる変更するMOD、Sony Xperia Z3 Lollipop Framework Ported to CyanogenMod-12.0がリリースされました。



導入すると細かい部分までXperia風に変更されますが、テーマ機能を利用しているわけではないので簡単に元に戻すことは出来ません。
導入前にしっかりとバックアップを取りましょう。

インストール方法

カスタムリカバリでダウンロードしたZipをフラッシュキャッシュをWipe再起動
ダウンロード及び情報元[MOD] Sony Xperia Z3 Lollipop Framework Ported to CyanogenMod-12.0

CyanogenMod 12.0 / 12.1でクイックブートモードを利用する方法

イメージ
Cyanogen OSを搭載したOnePlus Oneにはクイックブートモードという電源を完全に落とさず高速にデバイスのオンオフをすることが出来る機能がありますが、Nexus 5などの端末にCyanogenModを導入した場合、クイックブートモードが無効化されています。

今回紹介するQuickBoot for CyanogenMod 12.0 / 12.1をCWMやTWRPなどで導入することでこのクイックブートモードを強制的に利用可能にすることが可能です。

実際にZipを導入すると開発者向けオプションにクイックブートモードの項目が表示されます。


実際にこれをオンにしてNexus 5で試してみましたがしっかりとクイックブートモードが動作しているようです。

ちなみにCyanogenリカバリーではフラッシュ出来なかったので私はZipを解凍して手動でシステムに突っ込みました。
おそらくCWMなどであれば普通にフラッシュ可能だと思います。

クイックブートモードの動作の様子

https://www.youtube.com/watch?v=sWAvPwZDXKMhttps://www.youtube.com/watch?v=aHaZSY_yad4

ダウンロード:[UNIVERSAL] QuickBoot for CyanogenMod 12.0 / 12.1

CyanogenMod 12の安定版は今月リリース予定

イメージ
CyanogenMod 12.0について CyanogenModはCyanogenMod 11の安定ビルドを最後に安定ビルドをリリースしていませんでしたが、今月中にCyanogenMod 12.0(Android 5.0.2での安定版)をリリースすることをブログで発表しました。
以前「おそらくCyanogenMod 12.1が安定版してリリースされるだろう」と言いましたがCyanogenMod 12.1の安定ビルドはもうちょっと先になるようです。
関連
CyanogenMod 12.1の変更点や新たにサポートされるデバイス一覧


CyanogenMod 12.1(Android 5.1)について CyanogenMod 12.1はCyanogenMod 12とは完全に独立したブランチになっておりCyanogenMod 12のほぼすべての機能を実装し、近日中にNightlyビルドとしてリリース予定とのこと。ただし完全にCyanogenMod 12の機能を実装しきれているわけでは無いようです。
そしてCyanogenMod 11から12の時のようにCyanogenMod 12からWipeを実行すること無くアップデート可能なようです。


その他にもCyanogenMod 12.xから追加された、追加される機能について公式ブログで詳しく解説されています。

情報元All About L – Part 2

Cyanogenリカバリーが更新されロゴのCyanogenが刷新

イメージ
Cyanogenのロゴが以前アップデートされましたが、20150402ビルドからCyanogenリカバリーもそれに追従してアップデートされました。


ロゴが変更されただけであって、今まで通りROMのバックアップ機能などには対応していないようです。

20150401のエイプリルフールビルドで話題になったPowered By Microsoftの文字やWindowsPhone風のボタンはこのビルドから削除されています。
関連:CyanogenMod 12にPowered By Microsoftの文字、ランチャー等も一部WindowsPhone風に

CyanogenMod Code Review

recovery: Update header logo with new branding

CyanogenMod 12にPowered By Microsoftの文字、ランチャー等も一部WindowsPhone風に

イメージ
CyanogenMod 12の20150401ビルドアップデート時にPowered By Microsoftと表示されるようになりました。日が日ですしエイプリルフールネタでしょうかね。


一部のデザインもWindowsPhone風に変更されています。

おそらく以前MicrosoftがCyanogenに出資していると噂になった時、Cyanogenユーザーが「Microsoftのアプリなどいらない」と騒ぎになったので今回は単にユーザーを驚かせるためにこのように表示したのかと思います。Microsoftも今回のこのネタをよく許可したなと思います・・・。
かくいう私もかなり慌てふためきましたが、ホーム画面のWindowsマークなど案外マッチしているのではとも思います。

おいおいおいおい!!待て待て待て待て!! pic.twitter.com/BrN7XOvwcs
— せー (@cyanosmod) 2015, 4月 1
CyanogenMod Code Review

PhoneWindowManager: Clean windows during bootup.Trebuchet : Clean windows during bootup.

CyanogenMod 12のLiveDisplay機能を使ってみる

イメージ
CyanogenMod 12にはLiveDisplayという時間帯によって画面の色合いを最適化してくれるという地味機能があるのですが、使ってみるとかなり便利だと感じました。


ディスプレイとライト機能内に項目があります。


項目内のディスプレイのモードをタップし設定します。


いちいち時間ごとに手動でセットするのは面倒なので自動にしておきましょう。


このような感じに画面の色合いが変更されます。
初期設定では昼は白っぽい色に、夜は温かい色に変化するようになっています、更に手動で設定すれば昼と夜にお好みの色合いに自動的に変更してくれます。

温かい色合いだと液晶で小説や漫画を読んでも目が疲れにくく感じるので夜間によくデジタル書籍を読む方はとりあえず自動でセットしておくといいかもしれません。

ちなみに色合いを変更してもスクリーンショットに影響は出ません。

CyanogenMod 12でGoogle Play開発者サービス7.0.97による電池消耗問題が修正される

イメージ
最新のCyanogenMod 12にてGoogle Play開発者サービス7.0.97がインストールされていると電池が早く消耗する問題が修正されました。

Cyanogen OS 12のアプリテーマ機能のプレビューが公開

イメージ
Cyanogen OS 12のアプリテーマ機能のプレビューが公開されました。


Android 5.0のMaterial DesignにマッチするようなUIでアプリ単位でテーマを適応できるようです。



フローボタンでテーマの適応を行うようです。



今まで以上にテーマ適応時のセッティングを細かく行うことが出来そうですね。

この機能は「Cyanogen OS 12」に追加されるものだとCyanogenは公言しましたが、CyanogenMod 12にこの機能が追加されるのかは不明です。

情報元:MARCH 17, 2015
A Preview of Themes in Cyanogen OS 12
Written by Clark , in Product

Cyanogen OS 12のブートアニメーションが公開

イメージ
YouTubeでCyanogen OS 12のブートアニメーションが公開されました。


激しい動きは少なく、Nexus標準のもののように最後はCyanogeロゴが消えていきます。

CyanogenMod 12のブートアニメーションとは異なりますが、商用のCyanogen OSとそうでないCyanogenModの差別化かと思います。もしかするとCyanogenModも将来的にこのブートアニメーションに変更される可能性はありますが。


CyanogenMod 12でcLockがアプリ一覧に表示されるように変更

イメージ
最新のCyanogenMod 12でアプリ一覧にcLockアプリが表示されるようになりました。

CyanogenMod 12では今までウィジェット設置時にしか設定を変更出来なかったcLockですが今回の更新によりウィジェット設置後も設定の変更が可能になりました。


アプリを開くとウィジェット設置時と同様な画面が表示され、見え方等の設定を簡単に変更出来ます。


GALAXY S5 SCL23のSIMロックを解除してCyanogenMod 12を入れてみた

イメージ
ゲットしたGALAXY S5、早速SIMロックを解除してCyanogenMod 12を導入することにしました。文鎮覚悟で。

早速ロックを解除出来るバージョンまでダウングレードしこちらを参考にしながら、作業を行いました。

au SCL23 Galaxy S5、SCL22 Galaxy Note 3、SCL21 Galaxy S3 ProgreのSIMロック解除について(HTC速報Dev)
バージョンはSCL23KDU1BNE4でGSM/GPRS/WCDMA ONだけでは電波を掴んでくれず、FREQUENCY LOCK→RESETまで行いました。
次にRoot化をしていきます。 TowelRootをポチっと押すだけで一時Rootを取得できるのでその間にカスタムリカバリーを導入するなりSuperSUで永久Rootを取得します。私はカスタムリカバリーのみ導入しました。
ということでこちらのサイトで公開されているカスタムリカバリーとCyanogenMod 12を導入! 【人柱募集】GALAXY S5 SCL23用CyanogenMod11
まず2ページ目のTWRPをダウンロードさせてもらい、SCL23本体ストレージの直下にセットしAndroid Terminal Emulatorに以下のコマンドを打ち込みます。(もちろんPCからでも問題無いです) su
dd if=/sdcard/scl23twrp.img of=/dev/block/mmcblk0p16 これでTWRPの導入が完了。

後はTWRPからCyanogenMod 12とGAppsをフラッシュして終了です。


少し感動してしまうくらいさくさくです。


さて、次の問題は通信なのですが、SIMロックを解除+KDDI ROMでは電波をそれなりに掴んでくれてはいたものの、CyanogenMod 12ではなかなか掴んでくれません。優先ネットワークタイプをカチャカチャ変更するとたまにつかむ程度で、メインでの運用はこのままでは難しいですね。

@cyanosmod ここ(https://t.co/zI3vlhpTxC)のrawボタンからlibsec-ril.soをDLして、本体の/system/lib/libsec-ril.soと置き換えてパーミッションを644に設定すれば改善する可能性あります。
— BLACK (@blackzigong…

CyanogenMod 12に対応したテーマアプリ、Flux v6がプレイストアにリリース

イメージ
ついにCyanogenMod 12に対応したFlux v6がプレイストアにリリースされました。(反映に時間がかかる場合があります。)
FluxはCyanogenModのテーマアプリの中でも特に人気のあるアプリの一つで対応を心待ちにしていた人も多いかと思います。

ダウンロード:http://goo.gl/PlbP1M

エレガントなフォント、影の効果、新しいブートアニメーション、美しいシステム、通知、アラーム音や多くの鮮明なアイコンで、Fluxは今まで以上に美しいテーマアプリにアップグレードされています。

更新点

CyanogenMod 12に対応 新しいブートアニメーション改善されたシステムフォント改善された壁紙の色新しいアイコンが追加新しいスイッチの設計新しいチェックボックスのデザイン新しいロック画面のショートカットSystemUIテーマの更新フレームワークの更新ダイヤラ、MMS、連絡先、AOSPブラウザなどのテーマの更新
アップデート後に再起動することを忘れないでください 

Flux v6は、CM11版を買った人は再購入すること無くそのままアップデートして利用可能です。
とっても美しいテーマアプリなのでまだ購入していない方はこの機会に購入を検討してみてはいかがでしょうか?

ヨーロッパのGALAXY Note 4向けのCyanogenMod 12が配信開始

イメージ
CyanogenMod 12がデバイスのサポートを拡大し、GALAXY Note 4 N910F(trltexx)で利用可能なNightlyビルドがリリースされました。

NightlyビルドはCyanogenMod Downloadsからダウンロードすることができます。

ダウンロード:Browse Files for trltexx - trltexx
GApps:http://wiki.cyanogenmod.org/w/Gapps

CyanogenMod 12に対応したFlux v6がほぼ完成した模様、リリースは3月7日

イメージ
CyanogenModのテーマアプリで有名な、John Xionidis (giannisgx89)氏が3月7日に人気のテーマアプリFluxのメジャーアップデート版となるv6をリリースするようです。





ブートアニメーションやアイコンなどがAndroid 5.0にマッチするように刷新されているようです。
また、John Xionidis氏は他にLiv Dark, Fliss, Trix, Flux White, Livといったテーマアプリをリリースしていますが、それらも同様にCyanogenMod 12のテーマエンジンに対応する予定とのことです。

情報元:Google+


CyanogenMod 12でナビゲーションリングにアプリを登録する方法

イメージ
CyanogenMod 12でロック画面に好きなアプリをセットする方法を前回のエントリーで書きましたが、今回はナビゲーションリングに好きなアプリをセットする方法を紹介します。

CyanogenMod 12でロック画面に好きなアプリを登録する方法

イメージ
CyanogenModは今までもロック画面にアプリを登録することが出来ましたが、最新のCyanogenMod 12でも2つまでアプリの登録が可能です。

CyanogenMod 12向けのテーマを簡単に自作できるthemeDIYのレビュー

イメージ
CyanogenMod 12向けのテーマをお手軽に自作できるAndroidアプリ、themeDIYのレビューをします。
アプリは現在ベータ版が配信されており、ダウンロードするにはGoogle+のコミュニティでテスターになる必要があります。

最近CyanogenMod 12に追加された上級者モード(Advanced mode)とは

イメージ
最新のCyanogenModを利用している方は端末情報に上級者モード(Advanced Mode)という項目が追加されていることに気がついたかと思います。