投稿

ラベル(Android)が付いた投稿を表示しています

「HUAWEI Mate 9」をレビュー

イメージ
国内販売されてから気になっていたHUAWEI Mate 9を購入したのでレビューしていきます。

Galaxy S8 | S8+についてまとめ

イメージ
ついに発表されたSamsungの新フラグシップ、Galaxy S8についてまとめます。

ネーミング 規則通り次期モデルはS8になるようです。大型のS8+も存在するようです。

デザイン ホームボタンは廃止。
指紋認証は背面に回るようです。
極限までベゼルが狭められたInfinity Displayを搭載し、今までのフラットなスマートフォンとは違った印象を与えてくれます。
アスペクト比も変更され、18.5:9と従来よりも縦長となっています。

スペック 10nmプロセスのSnapdragon 835 (2.3GHz 4コア + 1.7GHz 4コアのクアッドコア)、または地域によりExynosプロセッサ。
Galaxy S8と見られるデバイスがAnTuTuベンチマークでスコア20万点超えを叩き出したようなのでスコアが本当であれば「Galaxy S8」は現時点で最高の性能を持つAndroidスマートフォンということになります。

ストレージ 4GB RAM+64GB内蔵ストレージ(UFS 2.1)
microSDXCにも対応(256GBまで)

カメラ 背面カメラはデュアルピクセル 12MP F1.7。撮影時に1回のシャッターで内部で3枚の写真を撮影し、それらを合成することで画像のブレを低減するとともに、コントラストを最大化する機能を備えるようです。
前面カメラは8MP、AF対応、F1.7。広角撮影にも対応。

バッテリー バッテリー容量はGalaxy S8が3,000mAh、Galaxy S8+が3,500mAh。
とても大きいというわけではないので実際電池持ちが気になりますね。

ソフトウェア AIアシスタントBixbyを搭載
また、Windows Phoneに実装されているContinuumに似た新機能のDeXを備え、スマートフォンをデスクトップコンピュータのように利用可能です。
今までの指紋認証などに加え、瞳で認証する虹彩認証も備えています。

国内販売は? 現時点で国内販売が行われるのかは不明ですが、au版と見られるS8の画像が出回っていることからauから本機が販売される可能性は高そうです。
国内向けのGalaxy S8のページも作られています。

次期Android「Android O」の開発者プレビューが公開

イメージ
次期Android OSのメジャーアップデート「Android O」の開発者プレビュー第1弾のDP1がリリースされました。

絶対起きれるAndroid用目覚ましアプリ「おこしてME」

イメージ
朝に弱い人でも絶対起きれる、眠れるものなら眠ってみて!!とまでいうアラームがおこしてMEです。

起動するとなんら他の目覚ましアプリとの差がないように感じられますが・・・。

アラーム設定画面に行くと基本的な時刻、繰り返し設定などの他にアラームの止め方を設定できる項目があります。

種類は5種類。
写真は予め家の中などの画像を登録しておくと、同じ場所の写真を取らないと鳴り止みません。
ふるふるは文字通り端末を一定回数振らないと止まらなくなり、数学問題は出題される計算を解かなければ止まりません。QRコードは写真と似たようなものですが、精度が高いです。

計算で設定しようとするとこんな感じ。問題の難易度や出題数の設定が可能です。寝ぼけ頭にこれはキツそうですね。

このアプリが絶対起きれるというポイントは止め方だけではありません。
アラームが鳴っている間電源がオフに出来ない+アプリが削除出来ないようにする事ができるのです。

おこしてMEを管理アプリとして有効化する必要がありますが、これで簡単にはアンインストールできなくなります。

どうでしょうか。普通のアラームアプリだと起きれない人や、寝ぼけてアプリをアンインストールしてしまう人など、このアプリを試してみてはいかがでしょうか?

ダウンロード:おこしてME ( アラーム )

2017年おすすめのカスタムROMまとめ【3月12日更新】

イメージ

2機種にCyanogenMod 13、6機種にCyanogenMod 14.1の公式配信が開始されました

イメージ
CyanogenMod 13の配信が2機種、CyanogenMod 14.1の配信が6機種に対して開始されました。

Nexus機を含む6機種にCyanogenMod 14.1の公式配信が開始されました

イメージ
Android 7.1をベースにしたCyanogenMod 14.1の公式配信が6機種に対して開始されました。

Nexus 7 2013 Wi-Fiを含む11機種にCyanogenMod 14.1の公式配信が開始されました

イメージ
Android 7.1をベースにしたCyanogenMod 14.1の公式配信が11機種に対して開始されました。

Verizon版HTC One MaxにCyanogenMod 13の公式配信が開始されました

イメージ
CyanogenMod 13の公式配信が新たにVerizon版HTC One Maxに対して開始されました。

Galaxy Tab 2 7.0/10.1 Wi-Fi/GSMにCyanogenMod 13の公式配信が開始されました

イメージ
CyanogenMod 13の公式配信が新たにGalaxy Tab 2 7.0/10.1 Wi-Fi/GSMに対して開始されました。

CyanogenMod 14.1の公式配信が18機種に開始されました

イメージ
Android 7.1をベースにしたCyanogenMod 14.1の公式配信が18機種に対して開始されました。

Android アプリ LINE Lite のダウンロードと利用方法

イメージ
LINE Liteのダウンロードと利用方法を記載していきます。

GoogleがPlayストアに壁紙をリリース

イメージ
GoogleはPlayストアに壁紙をリリースしました。

このアプリはGoogle Pixelシリーズにプリインストールされているものですが、Playストアで公開されたことによりPixel以外のスマートフォンでも利用可能になりました。

シンプルなデザインで、Google Earth、Google+、その他のパートナーの膨大な画像から壁紙を設定できます。
毎日画像を自動で変更してくれる機能もあり、毎日新鮮な気持ちでスマートフォンを使うことができそうですね。

壁紙 制作: Google Inc. 評価: 4.8 / 5段階中 価格: 無料 (2016/10/20 時点) posted by: AndroidHTML v3.1

Xperia Z/ZR/ZL、Aquaris M5にCyanogenMod 13の公式配信が開始されました

イメージ
CyanogenMod 13の公式配信が新たにXperia Z/ZR/ZL、Aquaris M5に対して開始されました。

Shield TabletにCyanogenMod 13の公式配信が開始されました

イメージ
CyanogenMod 13の公式配信が新たにShield Tabletに対して開始されました。

Android 7.0 Nougatのまとめ

イメージ
GoogleがAndroidの最新バージョン、Android 7.0 Nougatの配信を開始したのでその特徴まとめる。

Xperia T/V/TX、Kindle Fire HDX 7/8.9向けにCyanogenMod 13の公式配信が開始されました

イメージ
CyanogenMod 13の公式配信が新たにXperia T/V/TX、Kindle Fire HDX 7/8.9に対して開始されました。

ついに日本でもAndroid One 507SHが登場

イメージ
Android Oneとは、各国のパートナーとGoogleが協力し、その国のニーズにあったハードウェアと、最適なAndroid体験を実現するソフトウェアを兼ね揃えたスマートフォンを開発するプログラムで、2014 年よりスタートして以降、世界 21 ヶ国で展開しています。(2016年7月時点)

Xperia SP、Xperia Tablet Z Wi-Fi/LTE、Oppo R5、YU Yureka向けにCyanogenMod 13の公式配信が開始されました

イメージ
CyanogenMod 13の公式配信が新たにXperia SP、Xperia Tablet Z Wi-Fi/LTE、Oppo R5、YU Yurekaに対して開始されました。

Galaxy S7を2ヶ月使ってみた感想

イメージ
Galaxy S7を二ヶ月程利用してみたので感想を書いていきます。


基本スペック 名称:Galaxy S7 SM-G930FD
カラー:Black Onyx
ディスプレイ:Super AMOLED(有機EL) 約5.1インチ 1,440×2,560
サイズ:142.4 x 69.6 x 7.9
重さ:152g
CPU:Exynos 8890(2.3GHz 4コア+ 1.6GHz 4コアの8コア構成)
OS:Android 6.0.1
バッテリー:3,000mAh 急速充電対応(約90分でフル充電) ワイヤレス充電対応(QiとPMA方式)
カメラ:メイン1200万画素 サブ500万画素 位相差方式オートフォーカス対応
メモリ:RAM 4GB ROM 32GB 外部メモリ 最大200GB
USB:USB 2.0

5.1インチは持ちやすい Galaxy S7は約5.1インチのディスプレイを採用しています。おかげで本体サイズが小さく、更に背面も湾曲ガラスが採用されいているので他のスマートフォンと比較して持ちやすく、片手操作も比較的楽に行えます。

電池持ちは平均的 電池持ちに関しては抜きん出て良いということはなく、平均的という印象です。
ただ、普通に一日は持つのでヘビーユーザーの方でも小容量のモバイルバッテリーが一つあれば十分だと感じます。
Samsung独自機能をオフにすればかなり電池持ちが改善されるので使ってない機能はどんどん切りましょう。
指紋認証は背面の方が便利 Galaxyの指紋認証はホームボタンに統合されていますが、やはりこれは背面にあった方が便利です。背面で指紋認証出来るNexus 6Pは本当に快適でした。
ただ、Samsungがデザインを大幅に変更しないかぎり今後も指紋認証が背面に移動することはまず無いでしょうね。

防水機能はとても良い 防水機能は本当に素晴らしいです。
お風呂での利用や突然の雨なども気にすることなく、あらゆる場所でS7を利用できます。
ただし、精密機器であることに変わりはないので過信は禁物です。

Type-Cポートを採用して欲しかった ライバルメーカーがType-Cポート採用のハイエンド機種を投入しているにも関わらずSamsungは従来のMicro USBポートを採用しました。
Type-Cを採用したデバイスを一度使ってしまうと煩わしさを感じてしまいま…