投稿

ラベル(Android 6.0)が付いた投稿を表示しています

まるでAndroid版iPad!?Google Pixel Cを開封レビュー!

イメージ
お正月に頼んだGoogle Pixel Cがようやく届いたので開封レビューしていきます。

配達業者はDHLでした。
関連:【ようやく到着】Google Pixel C 32GBを購入しました。
日本円でおよそ68,000円でした。

Nexusシリーズではなく、PixelシリーズなのでパッケージもGoogleカラーのアクセントが入っているだけのシンプルな物になっています。

開封するとすぐにPixel Cとご対面。恒例のピロピロした取っ手は付いておらず、本体を取り出しやすいようくぼみがついています。

本体の下にはLet's get startedと書かれた簡易取扱説明書と充電器が入っていました。
本体、取扱説明書、充電器とAppleも驚きのシンプルさですね。
充電器はUSモデルで、もちろんUSB Type-Cを採用しているので同じくType-Cを採用している端末でしか利用出来ません。

流石に10インチともなると迫力がありますね。この本体に付いているビニールを外す瞬間が一番楽しかったりします(笑)

Pixel Cのカラーは現在シルバーのみで、色合いとしてはMacのシルバーに似ています。Nexus 6Pのシルバーより落ち着いている感じです。

Pixel Cは重たいとどこかの記事で読んだ覚えがありますが、それほどの重さは感じません。専用キーボードがとても重たいとかそういう事なのかも・・・

Pixel Cこれめっちゃいい、叩くと残量が出て画面が付いてる時はここにGoogleカラーが表示される。 Appleのリンゴマークみたいなもんだから実用性は皆無だが非常にCOOLで最高だな! pic.twitter.com/AvinxkUUpc — せー (@CyanosMod) 2016, 1月 12 このように画面がついていなくてもおよそのバッテリー残量がわかる機能もついています。実用性があるかないかはさておきかっこいいですよね!
ちなみに専用キーボードとペアリングしていなくてもこの機能は使えます。

スピーカーもちゃちいものではなく、しっかりと作られています。
他のスマートフォンやタブレットに比べ音がかなり大きく、私は大音量で
アイドルマスターシンデレラガールズ!! と鳴り響かせてしまいました。音量設定には気をつけましょう。

音声検索を重要視しているGoogleらしく、マイクは…

CyanogenMod 13が国際版Samsung GALAXY S3向けに配信開始

イメージ
先日、CyanogenMod 13(CM13)の配信が開始されましたが、新たに国際版Samsung GALAXY S3に対して配信が開始されました。国際版Samsung GALAXY S3はCyanogenMod 11で一旦サポートが終了されましたが、再びCyanogenMod 13が配信されることになりました。

CyanogenModはAOSPを基にカスタマイズを施したオープンソースファームウェアで、テーマエンジン、ステータスバー/ナビゲーションバーのカスタマイズ、通知LEDの詳細設定などベンダーのファームウェアにはない役立つ機能が数多く含まれています。また、過去にはStagefrightの脆弱性など、Androidで見つかった脆弱性がNightlyビルドではその日のうちに修正されることが多く、ベンダーでは実現できない迅速なアップデートによって安全性も確保されています。

新たに配信が開始されたのは以下の機種です。順次ダウンロードが可能な状態になります。
国際版Samsung GALAXY S3(i9300)
CyanogenMod 13対応のGAppsはopengapps.orgからダウンロードすることができます。

関連記事:
Android 6.0.1がNexusデバイスやAndroid Oneに配信開始、Unicode 8.0の絵文字サポートやタブレットUIを一部変更CyanogenModでrootアクセスを有効にする方法

CyanogenMod 13がHTC Nexus 9 Wi-Fi/LTE向けに配信開始

イメージ
先日、CyanogenMod 13(CM13)の配信が開始されましたが、新たにHTC Nexus 9 Wi-Fi版とLTE版に対して配信が開始されました。

CyanogenModはAOSPを基にカスタマイズを施したオープンソースファームウェアで、テーマエンジン、ステータスバー/ナビゲーションバーのカスタマイズ、通知LEDの詳細設定などベンダーのファームウェアにはない役立つ機能が数多く含まれています。また、過去にはStagefrightの脆弱性など、Androidで見つかった脆弱性がNightlyビルドではその日のうちに修正されることが多く、ベンダーでは実現できない迅速なアップデートによって安全性も確保されています。

新たに配信が開始されたのは以下の機種です。順次ダウンロードが可能な状態になります。
HTC Nexus 9 Wi-Fi版(flounder)HTC Nexus 9 LTE版(flounder_lte)
CyanogenMod 13対応のGAppsはopengapps.orgからダウンロードすることができます。

関連記事:
CyanogenModでrootアクセスを有効にする方法

Android 6.0 with Sense 7にアップデートされたHTC One (M8)のレビュー

イメージ
昨日、Android 6.0へのアップデートが提供され始めたHTC One (M8)、待ちに待ったMarshmallowとSense 7になってどう変わったのか

申し分程度に早速見ていきましょう!!

通知などのUI
Android 6.0というかSense7になり、通知などのUIデザインがOne M9っぽくフラットなモノになっています。
他にも日付や時間の場所が変わり、トグルスイッチが右寄りになっています。

通知領域に5.0 Lollipop時代になかった一括消去ボタンが設けられました。

音量キーもほぼAOSPのものになっています。 サイレントモードを時限的に掛けたり、アラームなどの音量を個別に設定することも可能です。
Android 6.0やSense 7の機能面 散々言われていますが、6.0ではアプリの権限を自分で選択できるようになりました。
アプリを立ち上げて、その権限が絡むことをすると、許可の有無を聞かれます。 割りとめんどくさいので、先に設定からアプリの権限にアクセスして許可を出した方が早いかもしれません。
(個人的に話題の)Now On Tapを試してみました。 ホーム画面長押しから結果が表示されるまで、めっちゃ早くて結構びっくり。
あと、自分はよく文字入力でGoogle Nowを誤爆してしまうのですが、長押し起動になったことでそれが無くなったのが良いところ。
Sense7でいじれるようになったナビゲーションキー。(他社でナビキーいじれるのってLG機くらいしか印象に無い・・。) たいだいの端末はナビキーが固定されていますが、自分の使い勝手にあったキーに編集できるので嬉しいです。
その他 HTCバックアップの仕様が変更。Android 6.0を搭載したHTC端末では、今まで保存したモノが復元出来なくなってしまいました・・。 その代わりに、Googleのバックアップサービスを利用することになります。
天気ウィジェットに背景が透過するタイプが加えられ、プリイン壁紙が変わりました。 壁紙変えるのならDesire Eyeにあるモノも載っけて欲しかった・・。

バッテリー最適化(Dozeモード)。大雑把に言うと、Xperiaのスタミナモードみたいなモノがあります。 基本的に開発者サービスなど一部を除いて、常時最適化されています。 One (M8)はバッテリー容量が少し心許…

HTC One(M8)の台湾モデルにAndroid 6.0へのアップデートを開始!!

イメージ
米国で販売されているDeveloperEditionに続いて、台湾モデルのM8xにもAndroid 6.0のアップデートを提供し始めました!

Motorola、Android 6.0 Marshmallowアップデートの対象機種を追加

イメージ
Motorolaは自社のBlogでAndroid 6.0にアップデートする予定機種を新たに発表しました。
対象に追加されたのは下記の機種になります。

・Moto E With 4G LTE (2nd gen) ※1
・Moto X Force

・Droid Turbo2
・Droid Maxx2

※1、中国モデルはアップデートの評価中

最初アップデートの対象になっていなかったMoto Eがいますね(さすがに5.0で放置はなかったか)

あとはDroid Maxx2などが名を連ねています。



情報元:Marshmallow and S’more - Updated

Android 6.0.1がNexusデバイスやAndroid Oneに配信開始、Unicode 8.0の絵文字サポートやタブレットUIを一部変更

イメージ
Android 6.0 Marshmallow のマイナーアップデートバージョンAndroid 6.0.1が配信開始されました。(すべての端末にアップデートが行き渡るまで最大2週間ほどかかるそうです。)
一部のAndroid Oneにも配信が始まっているようです。

Android 6.0.1の新機能や変更点セキュリティ向上Unicode 8.0の新しい絵文字電源ボタン二度押しでカメラ起動(6Pや5X以外の機種のみ)サイレントモード機能の拡張ホームボタン等の位置の変更(タブレットのみ)
Android 6.0.1が配信されたNexusデバイスNexus 6PNexus 5XNexus 6Nexus 5Nexus PlayerNexus 9Nexus 7 (2013)
We're celebrating new emojis on #Nexus which start rolling out today! pic.twitter.com/WxIMhvju2E — Nexus (@googlenexus) 2015, 12月 7
ファクトリーイメージのダウンロード:Factory Images for Nexus Devices

Source
Factory Images for Nexus Devices - Google DevelopersAndroid Marshmallow 6.0.1 OTA Rolls Out To More Android One Devices - Android PoliceNexus 5(EM01L)をご利用のお客さまへ ~最新ソフトウェア配信のお知らせ~ - Y!mobileNexus 6をご利用のお客さまへ ~最新ソフトウェア配信のお知らせ~ - Y!mobileNexus 5Xをご利用のお客さまへ ~最新ソフトウェア配信のお知らせ~ - Y!mobile

CyanogenMod 13を導入する際に推奨されるGApps

イメージ
CyanogenModなどのカスタムROMでGoogleのサービスを利用するにはGApps(Google Apps)が必要です。
CyanogenMod 13で現在公式に推奨されているのはOpen GAppsのnanoです。

導入対象のデバイスCPUに適した物をPlatformから選んでダウンロードしてください。
回線等にもよりますが、ダウンロードに少し時間が掛かるので注意してください。

ダウンロード:Open GApps
参照:Google Apps - CyanogenMod Wiki

CyanogenMod 13がLG G2/G3、Nexus 5X/6P、HTC One M8など更に6機種向けに配信開始

イメージ
先日、限られた機種に対してCyanogenMod 13(CM13)の配信が開始されましたが、それらに続いて新たに6機種に配信が開始されました。

CyanogenModとはAndroidモバイルOSを基にしたスマートフォンとタブレット向けのオープンソースファームウェアディストリビューションです。テーマ、FLACオーディオコーデックのサポート、日本のMVNOを含む豊富なAPNリスト、オプション付きの再起動メニュー、充電/通知LEDの詳細設定、ソフトウェアキーのカスタマイズなどベンダーのファームウェアにはない役立つ機能が数多く含まれています。最近のNexus機ではソフトウェアレベルで通知LEDや「ダブルタップで復帰」機能が無効化されている機種がありますが、CyanogenModであればそれらの機能を完全に使用することができます。また、過去にはStagefrightの脆弱性など、Androidで見つかった脆弱性がNightlyビルドではその日のうちに修正されることが多く、ベンダーでは実現できない迅速なアップデートによって安全性も確保されています。

新たに配信が開始されたのは以下の機種です。
T-Mobile版LG G2(d801)T-Mobile版LG G3(d851)カナダ版LG G3(d852)LG Nexus 5X(bullhead)Huawei Nexus 6P(angler)HTC One M8(m8)
これらに加えて、以下の機種も今後CyanogenMod 13の配信が開始されることが見込まれています。
Oppo Find 7a(find7)Oppo Find 7s(find7s)Motorola Moto G(falcon)Motorola Moto G 4G(peregrine)Motorola Moto G 2014(titan)Motorola Moto G 4G 2014(thea)

CyanogenMod 13がついにリリース、Nexus 6Pや5X向けにも配布中

イメージ
CyanogenがついにAndroid 6.0ベースのCyanogenMod 13をリリースしました。
最初にサポートされる端末は以下の7機と少なめですが、すぐに他の端末もサポートされる予定です。
Nexus 6PやNexus 5X向けのビルド等も配信開始されました。

OnePlus One (bacon)Nexus 7 (deb & flo)LG G4 (h815)Galaxy Tab Pro 8.4 (mondrianwifi)LG GPad 7.0 (v400 & v410)LG G3 Verizon (vs985)Moto X 2014 (victara) ダウンロード:http://download.cyanogenmod.org/ 情報元:CyanogenMod Blog

Nexus 7(2013)向けにAndroid 6.0ベースのAOKP非公式ビルドがリリース

イメージ
Google+のAOKPコミュニティでAndroid 6.0 Marshmallowベースの非公式ビルドがリリースされています。

新しい機能を使用するために調整が行われるとのこと。 しかし動作はかなり安定しているらしいです。
まだ進行中のモノで、ROMコントロールなど一部はまだ完全ではないそうです。 今後の更新が楽しみです。



情報源:Google+ - AOKP Community ダウンロード:Google Nexus 7 (2013) by STELIX PippoX3

OnePlusがAndroid 6.0へのアップデートスケジュールを発表

イメージ
OnePlusは自社のデバイスへのAndroid 6.0配信を「確実な日付は約束できない」としながらも発表しました。

それによると、OnePlus OneのAndroid 6.0(Cyanogen OS)は2016年のQ1、OnePlus 2もQ1にAndroid 6.0(OxygenOS)への更新が配信されるようです。
OnePlus 2の指紋センサーAPIもアップデートでAndroid 6.0標準のものに切り替わります。

また、OnePlus Xのカーネルソースも公開されました。

情報元:Marshmallow upgrade schedule for OnePlus devices - OnePlus Forum
経由:OnePlus One and 2 Get Marshmallow Update in Q1 2016 - DROIDLIFE

Nexus 6に非公式なCyanogenMod 13をインストールしてみた

イメージ
Nexus 6に11月10日付けのCyanogenMod 13非公式ビルドをインストールしてみました。

ダウンロード

ROM:[ROM][ALPHA] CyanogenMod 13.0 | Android 6.0 Marshmallow | [11/10/2015]Gapps:OpenGAPPSRecovery:TWRP
既にテーマ機能など、CM特有の機能も多く取り込まれています。 実際にテーマを適応してみました、CyanogenMod 12で利用できたテーマは大体流用可能みたいですが、CM13対応と記載のあるテーマを使うのが賢明でしょう。
タスクの一括削除も行うことが出来ます、便利ですね。電源を2回押すとカメラが起動するようにもなっていました。 あくまで非公式のビルドなのでメイン機として常用は避けたほうが良いかもしれませんが、比較的安定しているように感じます。

Nexus 6P アルミニウムの開封レビュー

イメージ
早速届いたNexus 6Pを開封していきます。

開封&レビュー
Nexus 6Pの箱は色々なメディアで公開されていますが、Pの文字が印象的ですね。


少し光沢があります。


箱そのものはプラスチック製です、Nexus 5Xは紙らしいのでその辺り差別化してるのでしょう。


HUAWEI androidの文字、Nexus 6Pは初のHuawei製Nexusなんですよね。
実はHuawei端末は初めてなのでそういった意味でもワクワクします。


周りの紙をペロリとはがすとプラスチック製ケースにPの文字が刻まれている事がわかります。Nexus 6などの箱もこんな感じでしたね。
そしてこのお弁当箱みたいな箱が何となくHTCを彷彿させます。


箱を開けるとまたP、ちなみにこのPは「プレミアム(Premium)」のPらしいです。


スマホやタブレット特有のピラピラがついています。


ようやくNexus 6Pとご対面。ケーブルと充電器も確認出来ますね。


Nexus 6Pを取り出すとGoogle Play Musicの簡易説明書が入っていました。


また、Pと書かれた小さいケースの中には


SIM用のピンが入っています。


取扱説明書もここに入っていました。


説明書類をすべて取り除くとふたつ目のケーブルが出てきます。
Nexus 6PにはUSB Type-C - USB Type-C ケーブルとUSB Type-C - USB Standard-A プラグケーブルのふたつが同梱されているわけです。
Nexus 5XはUSB Type-C - USB Type-C ケーブルのみが付属品として入っているようです。


本体はNexusシリーズ初のフルメタルボディを採用しています。
触り心地がよく、ひんやりとしています。MacBookなどのデザインが好きな私にはたまらない使用ですね。これからの季節、冷たそうですが。


本機はOnePlus 2同様USB Type-Cを搭載しているのも大きな魅力ですね。
ただし現状Type-Cが利用できるデバイスが圧倒的に少ないのでケーブルの使い分けが少し大変です。


指紋認証用の丸い部分も、荒削りではなく丁寧に加工されています。


初期設定時に諮問の登録も可能です。




登録は非常にスムーズ、OnePlus 2同様に端末がオフの状態でも指紋認証をすると画面がオンになりロック解除まで行ってく…

関連コンテンツ