投稿

ラベル(Amazon)が付いた投稿を表示しています

Jayfiのカナル型イヤホン、JA40をレビュー

イメージ
Jayfiからカナル型イヤホンJA40を提供していただいたのでレビューしていきます。
Jayfiは音響機器の代理店として、ユーザーにさらなる良いものを届けるという企業理念に基づき、数あるメーカーから商品を厳選し、ユーザーに届けさせていただきます。 販売だけでなく、販売商品に関する問い合わせ、アフターサービスも万全していく体制なので、お客様に信頼していただけるように努めていきたく存知上げます。Jayfi公式Twitterより引用
Jayfi製品は初めてなのですが、なかなかおしゃれなデザインではないでしょうか。

横に引き出すタイプのパッケージ。

開封して最初にイヤホンが見えるのはいいですね。カラーはブラックとレッドの2色で、今回はブラックモデルを頂いています。

イヤホン本体、専用の袋、イヤーピースの予備、取扱説明書が入っていました。

イヤホンは一見安っぽく見えますが耳にはめるとずっしりとした重量感があり、満足度は高いです。
指紋がつきやすいので気になる人はいるかもしれません。

ストレート型のケーブルで長さは1.2m。使いやすいちょうどいい長さだと感じます。ただし、ケーブルが少し絡みやすいのでしまう際は何か対策が必要かもしれません。

マイクとコントローラーが付いているので電話を受け、そのまま通話可能です。
ちなみに音楽再生時は1回押すと再生/停止、2回押すと次の曲へ、3回押すと前の曲に戻るそうです。
HTC 10 + Google Play Musicの組み合わせの場合残念ながら3回押しがうまく効きませんでした。iPhoneでは問題なく動作します。

音は低音よりと言った感じ。イヤホンの見た目とは異なりガンガンかき鳴らしてくれます。逆に中高音には少し弱いかもしれません。
フィット感もかなり良く、多少動く程度では外れないです。

スマートフォン用のイヤホンとしてはなかなかいい製品に仕上がっていると思います。


購入:Amazon

SanDisk Extreme Pro UHS-I(U3)対応microSDカードを購入しました

イメージ
microSDを内蔵ストレージとして扱うことができるHTC 10ですが、推奨されるUHS-I(U3)カードを持っていなかったのでAmazonで購入しました。
HTC 10 HTV32 - はじめに - FAQ - サポートセクション | HTC 日本 HTC サポートセンターは FAQ の回答と初心者向けの情報を提供します
SDカードに最速のU3クラス追加、書き込み30MB/秒保証で4K録画に対応 - Engadget Japanese SDカードの規格を策定するSDアソシエーションが、新たな速度規格 UHSスピードクラス3 (U3) の追加を発表しました。U3カードは最低30MB/秒の連続書込みに対応し、4K2K動画撮影などに利用できます。 購入したのはSanDisk Extreme Pro UHS-I(U3)対応microSDカードです。
TranscendのTranscend microSDカードと悩みましたが、最終的にSanDiskの製品に決めました。

SanDisk Extreme Proが金文字で記載されていてシリーズ最上位の製品であることがひと目でわかります。
「書き込み90MB/秒・読み出し95MB/秒」を実現した、UHS-Iクラス3対応製品ということが全面に押し出されています。

カードそのものも高級感ただようデザインになっています。

早速HTC 10に挿入し、内部ストレージとしてフォーマットしました。
「SDカードの速度が遅い」という注意文の表示もなく安心しました。 UHS-I(U3)対応は伊達じゃないですね。

また、アプリをmicroSDカードに転送するのもとても早くなりました。
今までSamsungのmicroSDHC 32GB PLUSを使っていたのですが毎回転送に数十秒かかっていたのにExtreme Proでは数秒です。

データ復旧ソフト「レスキュープロ・デラックス」無料利用(1年間)がついてくるのも魅力です。万が一データが消えてしまってもかなり高い確率で復元できます。

ヨドバシカメラなどで売られている国内正規版は10,000円以上という価格設定ですが、Amazonで売られている海外版であれば半額以下の値段で購入できます。(2016/09/19現在)
その代わり海外版は国内での保証はおそらく受けられないと思われますが、その辺りが納得できる方…

AnkerのPowerPort+ 5 USB-C Power Deliveryをレビュー

イメージ
AnkerからPowerPort+ 5 USB-C Power Deliveryを提供していただいたのでレビューしていきます。

比較的真四角な白いパッケージ。

シンプルな内部構成になっている事がわかります。


本体とケーブルの二点が入っています。

本体にはPower Delivery搭載のUSB-Cポートが1つ、PowerIQ搭載の通常のUSBポートが4つ搭載されています。

USB.org - USB Power DeliveryANKER PowerIQ 頑丈なアルミニウム合金製のパネルを外面が採用されており、美しいヘアラインも入っています。

Type-Cを採用した充電器は現在まだ数少ないですが、そんな中登場したPowerPort+ 5 USB-C Power Deliveryはかなり有力な選択肢になるのではないでしょうか。

もちろん安心の18ヶ月保証付き。大量のデジタルガジェットを充電するギークな方におすすめの充電器です。

Amazon.co.jp: Anker PowerPort+ 5 USB-C Power Delivery (60W 5ポート Power Delivery搭載 USB&USB-C 急速充電器) 新しいMacBook / iPhone / iPad / Android 各種他対応 A2053511: 家電・カメラ

関連コンテンツ