投稿

ラベル(ブートローダアンロック)が付いた投稿を表示しています

Kindle Fire HDX 7/8.9向けにTWRPとCM11がリリース、「Cuber」で署名チェックをバイパス

イメージ
発売から1年以上が経ったKindle Fire HDX 7/8.9ですが、ついに「Cuber」によってTWRPやCM11が導入できるようになりました。「Cuber」は脆弱性「CVE-2014-0973」を利用して任意のカーネルやリカバリーを実行できるように署名を追加するツールです。

ブラウザ上でBumpできるサービスが開始、LG G3を含むLG機で任意のカーネルやリカバリーが起動可能に

イメージ
「Bump!」を使用してLG G3でTWRPが起動できることは以前紹介しましたが、ついに任意のカーネルやリカバリーを自由にBumpできるサービス開始されました。
これによってLG G3にTWRP以外のリカバリーや、カスタムROM、カスタムカーネルなどを導入できるようになります。

イギリス版LG G2 mini D620のブートローダアンロック方法が公開

イメージ
※これはイギリス版LG G2 mini D620向けの方法ですので、公開されているファイルを日本版LG G2 mini D620Jに絶対にインストールしないでください。
xda-developersでLG G2 miniのブートローダアンロック方法が公開されていたので紹介します。

「Bump!」でLG G3にカスタムROMやカスタムリカバリーが導入可能に

イメージ
CodefireチームはLG G3でカスタムROMやカスタムリカバリーを起動可能にする「Bump!」を発表しました。
根本的なブートローダアンロックではなくbump済みのROMやリカバリーに限って導入できるため、LG G2で利用されている「Loki」に近いイメージです。

Moto 360のブートローダアンロック方法が公開、専用ケーブルを自作する必要有り(日本語の簡易製作ガイド付き)

イメージ
Moto 360のブートローダロックアンロックの方法が公開されました。
Moto 360はバンドを外した部分にUSB接続用のポイントが存在しており、そこからパソコンに接続してブートローダをアンロックすることができます。
アンロック自体は「fastboot oem unlock」を入力するだけで簡単にできますが、パソコンとMoto 360を接続する専用ケーブルを自作する必要があります。 ケーブルの作り方についてはYouTubeに動画が投稿されています。

関連コンテンツ