投稿

ラベル(ニュース)が付いた投稿を表示しています

Google、Android Wearの大型アップデートを近く開始、対話型ウォッチフェイスやLG G Watch RのWi-Fi接続にも対応

イメージ
アップデートは開始されました。

以前から噂されていた Android Wear の次期アップデートをGoogleが近く開始する。
対話型ウォッチフェイスやLG G Watch RのWi-Fi接続にも対応した大型のアップデートになるようです。
任意の相手に対し、ウォッチフェイス上で写真や絵文字のやりとりや、活動量の共有をすることもできるようになるみたいです。私の知り合いにはあまりWear持ってる方がいないのであまり使えない機能になるかもしれませんが・・・

Source: Android Developers

Parallels Desktop 11 for Mac がリリース! El Capitan にも対応!

イメージ
Parallels Desktop 11 for Mac がリリースされました。
Mac 上で仮想 Windows や 仮想 Linux などを使える高性能ソフトウェアの最新バージョンです。

Parallels Desktop 10  for Mac からの変更点Windows 10 および El Capitan に正式対応
Windows 7 または 8 を Windows 10 にアップグレードするか、Windows 10 で新規の仮想マシンを作成できます。Windows 10 を El Capitan で実行することもできます。
更に高速化されたパフォーマンスWindows 8.1 および Windows 10 では、起動時間およびシャットダウン時間が最大 50% 速くなり、バッテリー持続時間が最大 15% 長くなりました。さらに仮想マシンを中断するまでの時間が最大 20% 速くなり、Windows タスクの多くが最大 20% 速くなりました。Visual Studio Parallels Desktop Pro Edition では、Visual Studio のリモートデバッグ機能を使用して、アプリケーションをデバッグ用に仮想マシンで実行できるようになりました。 向上したバッテリー持続時間「トラベルモード」という新しいモードで、電源から切断された状態でバッテリーの持続時間を長くするためにリソースを多用するサービスを一時的に停止できます。 常に Cortana® を利用 Windows 10 をメインで使用していない場合でも、Microsoft の対話型仮想アシスタントである Cortana を利用できるようです。発表の際もこの機能が押されていました。

バージョン毎の違い Parallels Desktop無印とPro Edition、Business Editionが存在します。
左から8,500円、10,000円、10,000円です。Pro と Business の値段は変わらないみたいですね。
ただし無印では各 VM に分け与えられる仮想 RAM/仮想 CPUが8GB vRAM/4 vCPUとなっています。Pro と Business は 64GB vRAM/16 vCPU です。ハイエンドな Mac を持っている場合、そして大量のリソースを必要とする作業をする…

Android M Preview 3 が公開、Android MはAndroid 6.0で確定、コードネームはマシュマロ(Marshmallow)に

イメージ
Android M の Preview 3 が公開されました。
もちろん今回もOTA配信ありです。
http://developer.android.com/preview/download.html

そのページの情報によると次期 Android OS は Android 6.0 としてリリースされるようです。
また、コードネームも公開され、「 Marshmallow (マシュマロ)」になるということです。


今後行うメジャーアップデートのバージョンはすべて一の位ずつ上がっていくのでしょうか。

そしてマシュマロドロイドくん可愛いですね、 Lollipop の時もそうですが、ドロイドくんがお菓子に擬態するのではなく、今回もお菓子を持つスタイルですね。







経由:ANDROID POLICE
情報元:Android Developers


【配信終了】Androidユーザー向けにGoogle Playで使える550円分のクレジットが配信中!

イメージ
GoogleがAndroidユーザー向けにGoogle Playで使える550円分のクレジットを配信しています。

配信はメールにて行われていて、クレジットの使用期限は来年の6月20日までとなっています。


デバイスや定期購読の支払いには使うことは出来ませんが 、これを機に気になっている有料アプリ等を買ってみるのはいかがでしょうか?

550円分クレジットの受け取り期限は6月27日までとなっております。

auとdocomo、Android™ 5.0へのOSアップデート予定製品の一覧を発表

イメージ
auとdocomoは、現在販売中のスマートフォン、およびタブレットのAndroid 5.0アップデート予定機の一覧を発表しました。

auAndroid™ 5.0へのOSアップデート予定製品(2015年6月4日現在)
GALAXY Note 3 SCL22GALAXY S5 SCL23GALAXY Note Edge SCL24Xperia™ ZL2 SOL25Xperia™ Z3 SOL26isai FL LGL24isai VL LGV31AQUOS SERIE SHL25GALAXY Tab S SCT21Xperia™ Z2 Tablet SOT21
docomoAndroid™ 5.0へのOSアップデート予定製品(2015年6月4日現在) GALAXY S4 SC-04EGALAXY Note 3 SC-01FGALAXY J SC-02FGALAXY S5 SC-04FGALAXY Note Edge SC-01GGALAXY S5 ACTIVE SC-02GGALAXY Tab S 8.4 SC-03GXperiaTM Z2 SO-03FXperiaTM Z2 Tablet SO-05FXperiaTM Z3 SO-01GXperiaTM Z3 Compact SO-02GARROWS NX F-05FARROWS NX F-02GAQUOS ZETA SH-04FAQUOS ZETA SH-01G
機種ごとに何月何日にアップデートが開始されるのかは不明ですが、かなり多くの機種がアップデートされるようです。 特にdocomoは2013年5月に販売されたSC-04EまでAndroid 5.0にアプデするみたいなので驚きです、これに関してはSamsungが頑張ったんですかね。

Android 5.0の特徴やメリットはこちら バージョンアップとは docomo
情報元 auお知らせページ docomoお知らせページ

「Google Play」で映画1本を無料で視聴できるキャンペーンが実施されてます。

イメージ
ゴールデン・ウィーク前を控え、Google Playでは映画一本を無料で見れるキャンペーンが行われています。
無料の対象となっているのはGoogle Playにあるすべての映画です。

無料の期限は5月7日までとなっています。

ベイマックスなどの新しい映画も無料で見れるので、かなりお得だと思います。




下記のリンクからプロモーションコードを受け取れます。
https://play.google.com/store?code=W4CMH


情報元:Google Playのツイート

Google、第二世代Chromebook Pixelを発表、第5世代Intel Core i7や16GBのメモリ搭載モデルも

イメージ
Googleは第二世代Chromebook Pixelを発表しました。

Chromebook Pixel

http://www.google.com/chromebook/pixel/
基本スペック 第2世代Chromebook Pixelは、13インチ 2,560 × 1,700 ピクセルのタッチスクリーンを搭載し2.2GHzの第五世代Intel Core i5、8GBのメモリのモデルと、第五世代Intel Core i7、16GBのメモリのモデルが用意されています。ストレージも32GBと64GBの二種類が用意されているようです。 前回のChromebook Pixelの発表時も思ったことですが、Chrome OSを利用するにはかなりオーバースペックですよね。少なくとも動作が遅いと感じることは無いでしょう。
USB Type-C
新しいMacBookと同様にUSB Type-Cポートを搭載しており、MacBookが1ポートしか搭載されていないのに対しこちらは2ポート。MacBookと同じくUSB Type-Cポートを介して充電します。 いきなりUSB Type-Cに完全に移行しろと言われても、なかなか簡単には行きませんが、Googleはしっかりとその辺り考えていたのか更にUSB 3.0ポートが2つ、SDカードリーダーもひとつ存在します。
キーボード
キーボードはMacのようにバックライトがついています。 青白い光でかっこいいですね。
電池持ち
電池の持ちは驚くほどいいですね。連続ブラウジングで同じChromebookであるDell Chromebook 11に140分ほど差をつけています。
感想 全体的に完成度の上がったChromebook Pixelという感じで、やはりオーバースペック感は否めません。 ポードなどではMacBookに優っている部分もありますがOSがChrome OSで、10万円以上するPixelを欲しい人は多いとはあまり考えられませんが、第二世代を出してきたところを見ると第一世代もそれなりに需要があったのでしょうか。 コレクションとしては欲しい気もしますけどね。


参考 Google、第2世代Chromebook Pixel発表の中でのAndroidにおけるUSB Type Cコネクタの採用を示唆新型MacBookと同じリバーシブルで使えるUSB T…