投稿

ラベル(スマートウォッチ)が付いた投稿を表示しています

Xiaomi Mi Band 2 Blackをレビュー

イメージ
Xiaomi Mi Band 2 Blackを購入したのでレビューしていく。<a href="http://xiaomi-mi.com/xiaomi-mi-band/xiaomi-mi-band-2-black/" target="_blank">Xiaomi Mi Band 2 Black | xiaomi-mi.com</a>
スペック製品型番:XMSH04HMカラー:黒Bluetooth:V4.0バッテリー容量:70mAh防水:IP67

パッケージは初代Mi Bandと代わり映えしない。
今回も削れるコストはしっかり削っている。

これがMi Band 2。ホームボタンがかなり目立つ。

Mi Bnad 2のコアとバンド、専用充電器が付いている。相変わらず独自の充電器なのはマイナスポイントかもしれない。

初期設定時にアップデートがあったので利用の前にフル充電することを強くおすすめする。

ディスプレイが登載され、時刻が表示できるようになったのがMi Band 2最大の進化と言える。
日光下でもかなり見やすいのが素晴らしい。
ただし、ボタンを押さないと画面が表示されない。Android Wearのように腕の振りで自動的に表示してくれる機能はないのが残念か。
最新のファームウェアにアップデート後、腕振りによる画面表示が追加された。

もう一度ボタンを押すと歩数を表示できる。

更にもう一度押すと心拍数を表示できる。精度は怪しいが・・・。

Twitter等の一部のアプリはアイコン付きで通知してくれるのも嬉しい。だが、LINEやハングアウト等はアイコン表示には対応していなかった。今後のアップデートで増えたりするのだろうか。

実際に2週間ほど利用してみたが、時間がわかるのは初代と比べて圧倒的に便利だ。
バッテリーの残量もようやく30%を切ったちうところなのでディスプレイが搭載されて大幅に電池持ちが悪くなったということはない。

数千円のウェアラブルデバイスとしてはかなり優秀な1台と言えるだろう。

Huawei Watchのバッテリー持ちについて

イメージ
購入したHuawei Watchを12時間ほど使用してみました。

7時〜19時過ぎまで利用していましたが60%バッテリーは残っています。常に画面表示機能もオンにしていたのにこの電池持ちには少し驚きです。
公式スペックの「1.5日の電池持ち」はかなり実測に近いのかもしれません。

バッテリー容量が300mAhのスマートウォッチなので少し電池持ちが不安でしたが、毎日充電が可能な環境であれば電池残量は気にしなくて良さそうですね。

そういえば以前Wearを使っていた時母艦側からバッテリー残量をグラフで確認出来た気がするのですが今はできなくなってるんですかね?

Googleストア:Huawei Watch

Google、Android WearでCellular機能のサポートを発表

イメージ
Googleはスマートウォッチに提供しているプラットフォーム「Android Wear」にセルラー機能のサポートを同社のブログにて発表しました。

これにより対応している端末であれば、BluetoothやWi-Fi以外に
LTEによるモバイルデータ通信や音声通話などが使えるようになります
(バッテリーがマッハで減っていきそうですね・・。)


この発表と同時にLG Watch Urbane 2nd Editionの販売開始を発表。
Android Wear搭載として世界初のセルラー機能対応スマートウォッチとなります。

アメリカでは、AT&TとVerizonから購入が出来ます。と言ってもVerizonはまだ予約中のようです。

情報元: LG Watch Urbane 2nd Edition LTE|Verizon Wireless
そのⅡ: LG Watch Urbane 2nd Edition LTE - AT&T

海外では、今後数カ月後に販売が行われるとのことです。


セルラー機能のサポートにより、今後LG Watch Urbane 2nd Editionのように
スマートウォッチ単体でデータ通信が出来る製品が発表されていくでしょう
(でもバッテリー持ちが心配ですね・・・。(2回目)

情報元:Android Official Blog | Cellular support comes to Android Wear

Android Wear(スマートウォッチ)の気になるポイントをさくっと解説

イメージ
Android Wearを2ヶ月使ってみました。自分がこのスマートウォッチという物に手を出す時気になったことを書いてみます。
普通の腕時計として使える? 無理です。普通の時計を買ったほうが良いです。 充電は2日に一回ほどで問題無いですが、それでは従来の腕時計の代わりを務める事はできません。 学生であれば試験中などに使用することもおそらく禁止されるでしょう。社会人であれば更に使用できる範囲は縮まるかもしれません。 これはあくまで「スマホのサブ画面」であって従来の腕時計とは別物です。
充電は持つ? 機種によりますが、LG Watch Urbaneは2日程度持ちます。実際に外で活用出来てる? 出来ていません。私は恥ずかしがり屋なので出先で「Ok, Google」を使えず、結局マップや天気などちょっとした情報を知りたい時はスマホを見ます。 Wearの主要機能とも言える音声入力ができないと大部分の機能は利用できません。 それでも音楽プレイヤーを操作したり、LINEの内容を見たり、ハングアウトで簡単な返信を行ったりする事ができるので私としては満足しています。 逆に言えば外でもスマホを音声で色々操作できる人ならスマートウォッチを活用できると思います。
どんな人におすすめ? ガジェットが好きな人やスマホが手放せない人、とよく見かけますが実際はあまりスマホばっかり触らない、という人こそおすすめかも知れません。 だってスマホを常時握ってるならスマートウォッチなんて必要ありませんからね。

LG Watch Urbane W150を購入、ハイクオリティなウォッチを開封レビュー

イメージ
今回はLGのスマートウォッチ、LG Watch Urbane W150 を購入してみました。

スペックはこのような感じ。


現状Android Wear搭載のスマートウォッチのスペックは一部を除き、横並び状態なのでデザインを重視してこのモデルを選びました。
ASUS ZenWatch と最後まで悩みましたが、やはり時計は円形だろ、ということでUrbaneに。


Android Wearはアーティスト、ブランド、デベロッパーが考案した 1,500 種類以上のウォッチフェイスから好きなときにいつでも、見た目を変えることができたり、 Android デバイスと接続して通知を見たり、ハングアウトや Gmail の返信を行う事ができます。


到着と開封
Expansysさんで購入したので箱はこんな感じ。


ダンボールの中にはExpansysのカードとACアダプタの変換器が入っていました。


Urbaneの箱、どうでもいいことですが発音はアーヴェインだそうです、アルバーノって呼んでた自分恥ずかしい。


箱を開けるとUrbaneとご対面。
高級時計かよ!!って雰囲気醸し出してますね。


本体の他にはMicroUSBケーブルと充電台。


取扱説明書とACアダプタ、これは日本で使えない形ですが先ほどの変換器を挟めば利用できます。
他に日本で使えるACアダプタを持っているならそちらを使うのが理想でしょうね。

本体レビュー


初回起動には結構時間がかかります。(3分ほど)スペックは数年前のAndroidスマホと同等なので仕方ないですね。
というかこのサイズに数年前のスマホ並のスペック積んでるのか、と驚くレベルですね。


起動しました。スワイプして設定を進めていきます。


Nexus 6と同期させます、これが結構時間がかかる・・・Bluetooth経由で通信してるので通信が遅いのは仕方ないですね。


早速腕につけてみました。
・・・・・かっこいい・・・!!

かっこいいです、思っていたよりいい感じ。ちなみに画面が白くなってしまってるのは周りが暗いからです、もちろん暗く設定できますが、このままの明るさ設定のまま、外で視認できるか見てみましょう。


ということで外で撮影してみましたが問題なく見えてますね。肉眼だとこれよりもっと見やすいです。でもやっぱり普通の時計には劣りますけどね。


なんやかんやとやってる間に充電が減ってきた…

関連コンテンツ