投稿

ラベル(カスタムROM)が付いた投稿を表示しています

2017年おすすめのカスタムROMまとめ【3月12日更新】

イメージ

TWRP 3.1.0-0がリリース、ADB Backupの対応など

イメージ
カスタムROMの導入に必須な、主要なカスタムリカバリー、TWRPがアップデートされました。 ADB BackupやAndroid Nougatへのサポート改善がメインのようですね。 What's new in 3.1.0-0:vold decrypt on a few select HTC devices, TWRP will now attempt to use the system partition's vold and vdc binaries and libraries to decrypt the data partition (nkk71 and CaptainThrowback)adb backup to stream a backup directly to or from your PC, see documentation here: https://github.com/omnirom/androidbootablerecovery/commit/ce8f83c48d200106ff61ad530c863b15c16949d9 (bigbiff)tweak MTP startup routines (mdmower)support new Android 7.x xattrs for backup and restore to fix loss of data after a restore (Dees_Troy)support POSIX file capabilities backup and restore to fix VoLTE on HTC devices and possibly other issues (Dees_Troy)better indicate to users that internal storage is not backed up (Dees_Troy)improve automatic determination of TW_THEME (mdmower)minimal getcap and setcap support (_that)try mounting both ext4 and f2fs during decrypt (jcadduono and Dees_Troy)shut …

Nextbit RobinにAICPを導入してみた

イメージ
関連:Nextbit RobinにResurrectionRemixを導入してみた

今回はRobinにAICPを導入しました。

ダウンロード カスタムリカバリーTWRP for Nextbit Robin ROMaicp_ether_mm-11.0-NIGHTLY-20160501 GApps(ARM64, Android 6.0系)OpenGApps
導入方法ブートローダーアンロックは開発者オプションからOEMアンロック&ADBデバッグを有効化adb reboot bootloaderでブートローダーモードに入るfastboot oem unlockでブートローダーアンロックfastboot flash recovery twrp.imgでTWRPを導入TWRPでカスタムROMとlを導入(GAppsも同様に)
目立った不具合 無し

Gallery

関連[ROM][OFFICIAL][MM6.0.1] AICP for Robin (Ether) - XDANextbit RobinにResurrectionRemixを導入してみた

Nextbit RobinにResurrectionRemixを導入してみた

イメージ
Nextbit RobinにResurrectionRemix-M-v5.6.7-20160501を導入しました。

ダウンロード カスタムリカバリー
TWRP for Nextbit Robin
ROM 動作未確認につき無保証

ResurrectionRemix-M-v5.6.7-20160501-ether. zip | ROM by lindwurm for Robinhttps://t.co/to2eqwkTUh — ほた (@lindwurm) 2016年5月1日@lindwurm氏に感謝。

カスタムKernel[Kernel][AOSP-Only][6.0.1] Deathly for Nextbit Robin (ether)
GApps(ARM64, Android 6.0系)
OpenGApps
導入方法 ブートローダーアンロックは開発者オプションからOEMアンロック&ADBデバッグを有効化 adb reboot bootloaderでブートローダーモードに入る fastboot oem unlockでブートローダーアンロック fastboot flash recovery twrp.imgでTWRPを導入 TWRPでカスタムROMとカスタムKernelを導入(GAppsも同様に) ※Kernelの問題でResurrectionRemix-M-v5.6.7-20160501のみではブートループに陥る為、AOSP系のカスタムKernelが必要
目立った不具合Wi-Fiが動作しない
Gallery

CyanogenMod 13を導入する際に推奨されるGApps

イメージ
CyanogenModなどのカスタムROMでGoogleのサービスを利用するにはGApps(Google Apps)が必要です。
CyanogenMod 13で現在公式に推奨されているのはOpen GAppsのnanoです。

導入対象のデバイスCPUに適した物をPlatformから選んでダウンロードしてください。
回線等にもよりますが、ダウンロードに少し時間が掛かるので注意してください。

ダウンロード:Open GApps
参照:Google Apps - CyanogenMod Wiki

OmniROMのAndroid 5.1.1バージョンがリリース開始

イメージ
2015年6月21日付けでAndroid 5.1.1バージョンのOmniROMがリリースされました。
初期リリースには以下のデバイスが含まれているようです。

ASUS Transformer Pad (tf300t)ASUS Transformer Pad Infinity (tf700t)Google Nexus 4 (mako)Google Nexus 5 (hammerhead)Google Nexus 6 (shamu)Google Nexus 7 (flo)Google Nexus 10 (manta)Oppo Find 7/7a (find7)Oneplus One (find7op)Sony Xperia Z (yuga)Sony Xperia ZL (odin)
他のROMからアップデート時はもちろん、以前のOmniROMから最新のナイトリービルドに更新時、データをWipeしないとブートループに陥ってしまう事があるようなのでバックアップをし、Wipeを実行してからアップデートすることをおすすめします。

ダウンロード:http://dl.omnirom.org/

CyanogenMod独自API用開発キット「Cyanogen Platform SDK」の提供開始

イメージ
CyanogenはCyanogenMod用開発キット「Cyanogen Platform SDK」の提供を開始しました。
このSDKはCyanogenMod独自のAPIに対応したアプリの制作が可能になるツール群です。


例ではBikeOClockがCyanogenMod APIを組み込み・・・


クイックセッティング上にオンオフボタンを表示させています。


このSDKのリリースにより今後、AOSPとCyanogenModは更に差別化されていく事になる思います。

情報元:MAY 20, 2015 Introducing the Cyanogen Platform SDK Written by Leigh , Adnan
Platform SDK on GitHub:https://github.com/CyanogenMod/cm_platform_sdk/wiki
Google+:https://plus.google.com/u/0/communities/118315262449872554905

Cyanogen OS 12のアプリ群をインストール可能なZIP

イメージ
Cyanogen OSに搭載されているアプリ群をカスタムリカバリーで簡単にインストール可能なZIPがXDAで公開されていました。

アプリ内容

Boxer Email AppCameraNextCMFileManagerCMWallpapersGalleryNextHexo Theme from CyanogenOS 12 (activate it in the CM Theme Engine on your phone)LockClockMaxxAudioFXNextBitTruecaller (incoming in CyanogenOS 12.1, but I have it alreay here)Quick Boot from Arter97 can be found here, this would cause problems, please flash this manuallyScreencastCM Theme Manager (soon)Sound RecorderTerminalTheme Store (maybe it won't work on many devices!)Trebuchet Launcher
このZIPを導入することで非CyanogenModユーザーでもCyanogenのアプリを、またCyanogenModユーザーもCyanogen OS限定のHexo Theme from CyanogenOS 12などが利用できるようになります。



情報元:[Flashable Apps] Cyanogen OS 12 Apps for all

CyanogenMod WikiにCM 12.1用のGAppsリンクが登場

イメージ
CyanogenMod WikiにCyanogenMod 12.1用のGAppsリンクが登場しました。

GAppsはカスタムROMでGoogleもサービスを利用する際必要になるのでCyanogenMod 12.1などのAndrod 5.1系のカスタムROMを利用する方はダウンロードしておきましょう。
容量はなんと50MB以下でした。かなり軽量化されていますね。
20日にアップされたGappsは70MB前後の容量になっています。


ダウンロード:CyanogenMod Wiki Google Apps
GitHub:Gapps for CM-12.1

Android上でROMをバックアップしたりZipをフラッシュ可能なFlashFireの紹介

イメージ
AndroidでROMをバックアップしたりZipをフラッシュする際にはカスタムリカバリーが必要になりますが今回紹介するFlashFireを利用することでアプリから簡単に作業を行う事ができます。


使用するにはSuperSUが必要でCyanogenMod内蔵のRoot管理ソフトのみではFlashFireにRoot権限を与えることが出来ませんでした。

現在のバージョンで可能な作業はROMのバックアップ、リストア、初期ROMのフラッシュ、ZIPのフラッシュ、Wipeです。

試しにFullを行ってみます。






するとこのようにロード画面が表示されその後バックアップが始まります。
そこそこ時間がかかり操作も受け付けなくなるのでバッテリー残量にご注意ください。

こうしてバックアップしたデータはリストアから復元可能です。

その他には、いわゆる初期ROMと呼ばれるファームウェアやOdin形式のファイル、ZIP形式のアップデートファイルをフラッシュなどカスタムROMを運用する上で必要不可欠な機能が盛りだくさんなアプリになっています。Nexus用のファクトリーイメージもPC無しで簡単に導入可能です。

現在アプリはベータ提供となっておりダウンロードするにはテスターになる必要があります。
Google+:https://plus.google.com/communities/116661625291346007584
テスター申請:https://play.google.com/apps/testing/eu.chainfire.flash
ダウンロード:https://play.google.com/store/apps/details?id=eu.chainfire.flash&ah=CBtJV8BBW-J9TldAshwqJZvXr0k
XDA:[Android 4.2+][ROOT] FlashFire - Play BETA - PREVIEW

Cyanogenリカバリーが更新されロゴのCyanogenが刷新

イメージ
Cyanogenのロゴが以前アップデートされましたが、20150402ビルドからCyanogenリカバリーもそれに追従してアップデートされました。


ロゴが変更されただけであって、今まで通りROMのバックアップ機能などには対応していないようです。

20150401のエイプリルフールビルドで話題になったPowered By Microsoftの文字やWindowsPhone風のボタンはこのビルドから削除されています。
関連:CyanogenMod 12にPowered By Microsoftの文字、ランチャー等も一部WindowsPhone風に

CyanogenMod Code Review

recovery: Update header logo with new branding

SCL23にSpaceX 5.0を導入してみた

イメージ
以前SpaceX 4.2を導入しましたが今回はそのアップデート版の5.0を導入してみました。
関連:GALAXY S5 SCL23にSpaceX V4.2というカスタムROMを導入してみた

ROMのダウンロード:[Rom][Big Update][2015] SpaceX Lollipop Galaxy S5, S5 LTE-A, Note 3, J(SC-02F)

SpaceX 5.0の変更点テーマ機能の追加新しい壁紙の追加Samsung Gearの追加仮想電源ボタンの削除各アプリのアップデートその他最適化と不具合修正
バグSCL23:指紋認証とドック充電に不具合

今回の目玉アップデートはテーマ機能の追加ですかね、標準ではSamsungベーシックやナチュラル、Flat、iOS7やXperiaなんていうちょっと怒られそうなテーマも初期状態で導入されています。
テーマは他にもストアからダウンロード可能なようです。

残念ながらSCL23での指紋認証バグは修正出来なかったようですが、全体的にキビキビ動くようになったので以前より快適ですね。

GALAXY S5 SCL23にSpaceX V4.2というカスタムROMを導入してみた

イメージ
SCL23をどうにかdocomo回線で快適に使おうと試行錯誤している管理人です。

KDDI標準ROMでは回線を掴むのに時間がかかり、CyanogenMod 12でも同等かそれ以上に掴みが悪いです。 ということで少し探してみるとどうやらベトナムの方がSCL23に対応したAndroid 5.0 TouchWizベースのカスタムROMを制作している模様、ベトナムでSCL23流通してるんですかね・・・?
ROMの特徴
G900FXXU1BOA3ベースフルサポート挑戦言語:バハサ語、ダンスク語、ドイツ語、スペイン語、フィリピン語、フランス語、ゲール語、フルバツキ語、イタリア語、マジャール語、オランダ語、ブークモール語、ポルスキ語、ポルトガル語、ロマーナ語、アルバニア語、スロベニア語、マイアカウント語、英語、ウズベク語、ギリシャ語、ブルガリア語、ロシア語、ウクライナ語、韓国語、中国語、日本語など...(私は翻訳できませんでしたがこの他にも数か国記載がありました・・・)ノックスの削除エラーの修正システム性能の向上build.prop&init.dの最適化不要なアプリを削除高速ボタンの追加ニュースレポートの転送シャッター音をミュートするオプションを追加ベトナムのカレンダー(旧暦)を追加SMS/コールブロックを追加マガジンの代わりに、好きなアプリを開くことが可能ツールボックスに追加機能5のリブートメニューマルチウィンドウに追加機能権限設定アプリを追加Windows PCのようにアプリの児童起動を無効化可能通知バーの不要なソフトを削除外部SDカードの権限を修正広告をブロックステータスバー上に仮想のスクリーンロックボタン(電源ボタン)最新バージョンにアプリケーションを更新SCL23&SC-04F:Lolipop用にカーネルのアップグレード完全なRoot
導入について 導入にはSCL23&SC-04Fに対応したTWRP 2.8.4.1を利用しました。
ダウンロードしたROMはG900F, SCL23, SC-04F (Only)と書かれているもの、どちらもこのページで配布しています。GAppsは同梱されているようです。

[ROM][G900F] SpaceX LP 4.2 - Max Optimize, Hỗ Trợ Các Model Snapdragon 801 (ĐÃ CÓ CHO …

最高峰のカスタマイズ性を誇るカスタムROM、Euphoria-OSの紹介

イメージ
今回はカスタムROMの中でも最高峰のカスタマイズ性を誇るEuphoria-OSを紹介します。

このROM、実は以前はMahdi-ROMというな名前のカスタムROMがあり、その後継ROM的存在なんですね。

Mahdi-ROMはNexus 5などの端末でその拡張性の高さから愛用している方が多いROMだったので、こっちの名前で知っている方も多いかもしれません。

そしてこのEuphoria-OSもMahdi-ROMに負けず劣らず、AOPSベースでCyanogenModのテーマエンジンやSlimROMのオプションなど、他のROMのいいとこ取りをしつつ独自にHeadsupのコントロールや差分アップデートも可能になっています。

サポートされているのはGalaxy S5や、Nexus 6、Nexus 5やOnePlus Oneなどのデバイスです。
CyanogenModやParanoid AndroidなどのカスタムROMでは物足りなくなってしまった方は一度導入してみてはいかがでしょうか?



リンク

Euphoria-OS公式サイトEuphoria-OS GithubGoogle+

Nexus 9にCyanogenMod 12の配信が開始

イメージ
昨年末に販売が開始されたNexus 9向けにCyanogenMod 12が公式に配信されることになりました。

CyanogenMod 12(Android 5.0)対応のGAppsがCyanogenMod Wikiに追加

イメージ
CyanogenModの公式WikiにCM12対応のGAppsのリンクが追加されました。(エントリー公開現在It Vends!からのみダウンロード可能で、torrentファイルは公開されていません)

CyanogenModの定めたGAppsなのでこれを導入しておけば今後CM12をアップデートしていっても相互製の問題などが出てくることは少なくなるかと思います。

ダウンロード
CyanogenMod WikiIt Vends!

CyanogenMod 12対応!Android 5.0.x Lollipop用GAppsダウンロードリンク

イメージ
CyanogenModでGoogleのサービスを利用するにはGApps(Google Apps)が必要ですが、CyanogenModの公式WikiにはCM12対応のGAppsのリンクがまだ追加されていません。

Torrentを使用してGAppsを高速にダウンロードする方法

Torrentは違法ダウンロードに利用されてしまうことも少なくなく、暗いイメージが付いてしまいますが、大きなファイルの転送に便利で、GAppsをダウンロードするのにも役立ちます。
仕組みなど、詳しく知りたい方はWikiへ
BitTorrent-Wikipedia
まず、BitTorrentをダウンロードします、".torrent"ファイルを扱うことのできるクライアントは他にもありますがBitTorrentが本家なので今回はBitTorrentで。
ダウンロード
BitTorrent
インストール時に注意しながら操作しないと余計なフリーウェアをインストールされます。 インストールが終わったらtorrentファイルをダウンロードします。 ダウンロード Google Apps
お使いのCyanogenMod、またはその他のカスタムROMのバージョンに合った項目の"Torrent"よりダウンロードして下さい。CyanogenMod 9 (Android 4.0 ICS)以前のtorrentファイルはここには存在しないようです。 また、CyanogenMod 11(Android 4.4.x)向けにはスモール版もありますが、余程ストレージが少ない機種でない限りは通常の物で問題無いと思います。
torrentファイルをダウンロードしたらダブルクリックで開きます、そうすると先ほどインストールしたBitTorrentが立ち上がるので、保存場所等確認し問題がなければダウンロードして下さい。
専用クライアントが必要な分面倒に感じますが一度設定してしまえば簡単にP2P方式でのダウンロードが可能になります。
もちろん悪用は厳禁です。

おすすめのカスタムROMまとめ

たまにまとめて更新しようかとかと思います。

CyanogenMod AOSPベースで日々新機能が追加されている、(多分)最も人気のあるカスタムROMです。カスタムリカバリーの自動アップデート機能も搭載しています。
毎晩自動的にビルドされるNightlyと、月に一度リリースされるM Snapshot
更に安定化させリリース候補のRelease Candidateと最終安定ビルドのStableが存在します。
また、この他にCyanogenModインストーラ用のビルドなども存在します。

Paranoid Android Android 4.4.xベースでありながらAndroid 5.0風の独自のタスク画面や通知機能が利用可能なROMです。最新ビルドはやや安定性に欠けるか・・・?


AOKP リボンやカスタムトグルのコントロールが可能なカスタムROM、3日おきに自動生成されるナイトリーと月に1度リリースされるマイルストーンが存在します。最近更新サボり気味・・・?カスタマイズ性は本当に素晴らしいです。
MIUI Xiaomiの独自ROM、iOSライクなUIでシンプル。MIUI 6でデザインが一新されました。強力なMi Cloudが利用可能です。

FoxHound メタルギア好きによるメタルギアのメタルギアによる以下略。 SlimROMベースで、ブートアニメーションや全体的な雰囲気をカスタムしています。 NexusやGALAXY端末を多くサポートしているようです。

Nexus 5にAndroid 5.0のカスタムROM、Elix-R V2.0 ALPHAを導入してみた

イメージ
XDAへのリンクが上手く張れていませんでしたので修正しました。
Thank you しゅん


Nexus 5向けにAndroid 5.0のAOSPベースで良さそうなROMを見つけたので導入してみることにしました。

特徴

AOSP_r3 5.0ベースフルGappsXperiaのシステム音独自の壁紙ROOT取得済みパイの修正アンビエント·ディスプレイElemental X Kernelパフォーマンスとバッテリ寿命の最適化バッテリー消耗バグの修正グーグルプレイサービスのエラーを修正

Android 5.0_r3をベースにAndroid 5.0用のGapps等を追加したROMみたいですね。


私はフラッシュにTWRP 2.8.1.0を使用しました。
フラッシュ自体は1分ほどで終わりましたが、起動には4~5分掛かるみたいです。


起動するとこのような感じ、壁紙がかなりかっこいいですね。


アンビエント機能もしっかり追加されています。
ダブルタップでスリープ解除はこのままでは出来ないみたいなのでTRICKSTERなどで出来るようにすればまるでNexus 6!(言っていて悲しくなりますね)

冗談はさておき、かなり完成度の高いカスタムROMなのでNexus 5向けAndroid 5.0配信まではこのROMを使おうかと思います。

[ROM] Elix-R | V2.0 ALPHA | 11/8 | Fast | Simple | &Elegant |