投稿

ラベル(カスタムリカバリー)が付いた投稿を表示しています

TWRP 3.1.0-0がリリース、ADB Backupの対応など

イメージ
カスタムROMの導入に必須な、主要なカスタムリカバリー、TWRPがアップデートされました。 ADB BackupやAndroid Nougatへのサポート改善がメインのようですね。What's new in 3.1.0-0:vold decrypt on a few select HTC devices, TWRP will now attempt to use the system partition's vold and vdc binaries and libraries to decrypt the data partition (nkk71 and CaptainThrowback)adb backup to stream a backup directly to or from your PC, see documentation here: https://github.com/omnirom/androidbootablerecovery/commit/ce8f83c48d200106ff61ad530c863b15c16949d9 (bigbiff)tweak MTP startup routines (mdmower)support new Android 7.x xattrs for backup and restore to fix loss of data after a restore (Dees_Troy)support POSIX file capabilities backup and restore to fix VoLTE on HTC devices and possibly other issues (Dees_Troy)better indicate to users that internal storage is not backed up (Dees_Troy)improve automatic determination of TW_THEME (mdmower)minimal getcap and setcap support (_that)try mounting both ext4 and f2fs during decrypt (jcadduono and Dees_Troy)shut …

GALAXY S5 (Kltekdi) に Cyanogen リカバリーを導入してみた。

イメージ
GALAXY S5 (Kltekdi) にCyanogen リカバリーを導入してみました。

CyanogenMod の開発者向けオプションで「Cyanogenリカバリーをアップデート」をオンにしていましたが、使用していた TWRP と相性が悪かったのか、エラーでリカバリーが更新されないままでした。しかし、 Cyanogen のダウンロードサイトで Cyanogen リカバリーのイメージが単体で公開されたので導入に踏み切りました。


手順としては img ファイルをダウンロードし、既に導入していた TWRP でその img ファイルをフラッシュ、という感じです。

#kltekdipic.twitter.com/0RNpvft9Bd — せー (@cyanosmod) 2015, 8月 15
特に不具合もなく利用出来ています。

関連:CyanogenMod サポート端末用の Cyanogen リカバリーが単体でダウンロード可能に 

CyanogenMod サポート端末用の Cyanogen リカバリーが単体でダウンロード可能に

イメージ
CyanogenMod サポート端末用の Cyanogen リカバリーが単体でダウンロード可能になっていたようです。


これで CyanogenMod を導入する際に CWM や TWRP などを焼かずに直接 Cyanogen リカバリーを使用できます。
Cyanogen が公式に推奨しているリカバリーなので他のリカバリーを使っている方はこの機会に Cyanogen リカバリーへ乗り換えをおすすめします。

ダウンロード:cyanogenmod download

関連:GALAXY S5 (Kltekdi) にCyanogen リカバリーを導入してみた。

Cyanogenリカバリーが更新されロゴのCyanogenが刷新

イメージ
Cyanogenのロゴが以前アップデートされましたが、20150402ビルドからCyanogenリカバリーもそれに追従してアップデートされました。


ロゴが変更されただけであって、今まで通りROMのバックアップ機能などには対応していないようです。

20150401のエイプリルフールビルドで話題になったPowered By Microsoftの文字やWindowsPhone風のボタンはこのビルドから削除されています。
関連:CyanogenMod 12にPowered By Microsoftの文字、ランチャー等も一部WindowsPhone風に

CyanogenMod Code Review

recovery: Update header logo with new branding

TWRP 2.8.6.0がリリース、キーボードや暗号化の対応改善など

イメージ
TWRP 2.8.6.0がリリースがリリースされました。

TWRP 2.8.6.0の新機能等
アメリカやヨーロッパのサマータイムルールを修正ポップアップボックスの複数のオーバーレイを許可復号化用にパターンスタイルのパスワードエントリを追加キーボードの改善Android 5.1ベースにAOSPを更新Reduce theme count to 5 and rely on scaling.さまざまなスケーリングの改善GUIのリソース処理を改善リストのサイズに比例してスクロールバーサイズを作成スクロールリストはヘッダなしでレンダリング可能にするMake console scroll per pixel with kinetic scrolling.XMLのサイズを小さくし一貫性を改善他の様々な修正と改良
カスタムROMを導入する際は基本的に最新のリカバリーを使うことが推奨されているのでTWRPを現在使っている方は最新の物に更新することをおすすめします。
情報元:TWRP 2.8.6.0 Released

TWRP 2.8.4.0がリリース

イメージ
Team Win Recovery Project(TWRP)は完全なタッチUIでユーザーが操作しやすいように作られたカスタムリカバリーです。
そのTWRPの最新バージョン、TWRP 2.8.4.0がリリースされました。

2.8.4.0の新機能TWRP GUI経由でブートイメージとリカバリイメージのフラッシュを可能にMTP関連のクラッシュとバグを修正MTPが有効になっている場合は、起動中にUSB IDを除外様々なADBサイドロードの問題を修正アクションのスレッドを改善画面のタイムアウトのための別のスレッドを排除libblkidは2.25.0にアップデートデータマネージャにミューテックスのロックを追加暗号化されたデバイス上のカスタムテーマの処理を改善更にいくつかのテーマ関連の修正

公式サイト:TWRP

TWRP 2.8.3.0がリリース、多くの端末で利用可能に

イメージ
TeamWin Recovery Project (以下TWRP)は現在Androidで1位2位を争う人気のカスタムリカバリーです。
タッチフレンドリーな設計になっており、利用したことのある方も多いのではないでしょうか。

約ーヶ月前、XDAシニア開発者のDees_TroyはNexus 6とNexus 9をサポートするTWRP 2.8.2.0を発表しましたがこのバージョンはごく一部のNexusデバイスにのみ配信されました。
今回のTWRP 2.8.3.0はサポートする端末を増やし、TWRP 2.8.2.0にいくつか機能を追加したものになっています。

変更点MTPの修正と改良MTPで大容量のファイルの転送を定めることができる。更新と修正の権限を改善し、固定コンテキストをオプションに内蔵のSuperSUを2.40へ更新TWRPがAArch64上で正しく動作(Nexus 9向けには現在、真の64ビットのバイナリとライブラリで構築)バックアップがAndroidに表示されるので、ストレージに配置されたすべてのファイルに正しい権限とコンテキストを設定一部のデバイス上でのMTP開始時に発生していたカーネルパニックを修正Unicodeフォントをサポートスライダ値が時々表示されないバグの修正正しいUSB IDを設定するには、ADBサイドロード中MTPをオフAndroid 5.0の復号化のためのライブラリ要件を削減他のマイナーな修正と改善
上記の変更に加え、2.8.2.0で追加されたAndroid 5.0向けの更新もたくさんあるのでAndroid 5.0ベースのカスタムROMを利用している方は最新バージョンのTWRPに更新してみてはいかがでしょうか?
公式サイト:TWRP

良いとこ取りなカスタムリカバリー、Cannibal Open Touch

イメージ
AndroidのカスタムリカバリーというとClockworkModとTWRPの2つが有名かと思いますが、最近ホットなカスタムリカバリーがCannibal Open Touchです。

数ヶ月前、XDAシニアメンバーのdrewwalton19216801氏や他の開発者は、ClockworkModとTWRPとは違う、別のリカバリを作成するためのアイデアを思い付きました。それがCannibal Open Touchです。
Cannibal Open Touchは、CyanogenMod Recoveryをベースに開発されています。

主な機能

完全なタッチUIテーマの管理のためのアプリケーションを含む完全なテーマのサポートROMのバックアップと復元ADB経由でのバックアップと復元更に多く・・・ Cannibal Open TouchはNexusシリーズ、OnePlus One、GALAXY Note3など、多くのデバイスで利用可能です。
テーマ機能自体はTWRPの劣ってしまいそうですが、Ingresのテーマなども出ているので面白そうですね。
Download:ProjectOpenCannibal

関連コンテンツ