【Shadowverse】さいあの式ランプドラゴンデッキ

さいあの式ランプドラゴンの概要説明

ランプドラゴンは、竜の託宣やドラゴンナイト・アイラでPPブーストをし、速いタイミングで大型フォロワーを召喚して中盤以降の盤面を圧倒していくデッキです。
GameWithではイスラーフィールなどを採用しているようですがさいあの式では外しています。
今のところ高確率で勝てています。

マリガン

基本的にはPP加速カードを残していきたいです。
竜の託宣やドラゴンナイト・アイラはキープ、竜の闘気は対戦相手によってはキープをするといいでしょう。

1ターン目

何もできないのでターンを終了

2~3ターン

理想は託宣、もしくはアイラのプレイです。
PP加速ができていれば3ターン目にラハブを出すことでかなり圧をかけることも出来ます。

4~6ターン目

PPの溜まり具合にもよりますが、竜の闘気や騎竜兵のプレイも可能になっているはず。
相手が場を展開しているのならサラマンダーブレスのエンハンスもありです。
水竜神の巫女は5ターン目以降にプレイすることでPPを加速+覚醒なら回復までできるのでバトル中盤で出しておきたいです。
現環境においてもドラゴンウォーリアの進化による除去は強力ですが、ゼルとバハムートによる13点パンチも狙いたいので1EPは残すよう心がけると良いです。
このあたりで騎竜兵の効果でゼルかバハムートのコストを減らしておくと13点パンチが狙いやすいです。

7ターン目以降

PP加速とコストダウンによりゼルとバハムートが同時にプレイできるであれば早めに13点パンチをお見舞いしましょう。必ずバハムートから先に出してくださいね。
相手リーダーの体力が13以下であれば勝負がつきますし、仮に20だったとしても一気に7まで持っていかれると相手は焦るはずです。
相手が回復しなければ疾走持ちのフォロワーやウロボロスでチクチクと削っていけば勝てるはずです。

デッキコード発行:Shadowverse Portal

このブログの人気の投稿

これだけは入れておきたいRootアプリまとめ