Nexus 5にLineageOS(Android 7.1.1)を導入してみた

CyanogenModの後継プロジェクトであるLineageOSをNexus 5にインストールしました。
以下の内容を行う場合全て自己責任でお願いします。

事前準備

  • 最新のLineageOSをダウンロード
  • 最新のTWRPをダウンロード
  • 機種に合ったGAppsをダウンロード、今回はARM, 7.1、Variantはお好みで。個人的にはnanoがおすすめ。
  • Nexus 5を最新の状態にします。色々弄っている場合はFactory Images for Nexus and Pixel Devicesからファクトリーイメージをダウンロードし、適応しておくのが確実です。記事作成時点ではAndroid 6.0.1 (M4B30Z, Dec 2016)


導入方法

  1. Nexus 5のブートローダーアンロックを行います。既にアンロック済みの方は6まで飛ばしてください。
  2. Nexus 5を電源オフの状態で電源ボタンと音量下長押しでブートローダーモードにします。
  3. Nexus 5をADBコマンドが使えるPCに接続します。最後まで接続したままです。
  4. コマンドプロントに"fastboot oem unlock"と入力してエンターを押します。
  5. Nexus 5を操作してYesを押します。(音量ボタンで上下、電源で決定)
  6. 5でアンロック出来たNexus 5にTWRPを導入します。既にTWRPを導入している方は飛ばしてください。
  7. コマンドプロンプトに"fastboot flash recovery "と打ち込み、ダウンロードしておいたTWRPをドラッグアンドドロップしエンターを押します。
  8. TWRPの書き込みが終わったらNexus 5の音量ボタンと電源ボタンを操作してリカバリーモードに入ります。TWRPが立ち上がれば成功です。
  9. TWRPのWipeをタップし、Swipe to Factory Resetをスワイプします。
  10. TWRPのAdvancedをタップします。
  11. ADB Sideloadをタップします。
  12. Swipe to Start Sideloadをスワイプします。
  13. コマンドプロンプトに"adb sideload "と打ち込み、ダウンロードしておいたLineageOSをドラッグアンドドロップしてエンターを押します。
  14. 戻るを押し再度Swipe to Start Sideloadをスワイプします。
  15. コマンドプロンプトに"adb sideload "と打ち込み、ダウンロードしておいたGAppsをドラッグアンドドロップしてエンターを押します。
  16. 再起動し、LineageOSが起動すれば導入完了です。


名前こそ変わりましたが、利用していてCyanogenModと大きく変わる部分はありませんでした。
CyanogenMod同様にカスタムROMの中核であり続けるのは間違いないでしょう。
Nexus 5はそこそこ古い機種になりますが、どのような形であれ最新のOSが動くのはうれしいですね。

このブログの人気の投稿

Androidで快適なニコニコ動画再生アプリ「nicoid」の紹介