投稿

6月, 2015の投稿を表示しています

Ankerの高耐久ナイロン Micro USB ケーブルを購入してみた

イメージ
Micro USBが立て続けに壊れてしまい、何か買わねば、と考えつつAmazonをサーフィンしていたところ、高耐久ナイロン Micro USB ケーブルなる商品が販売されていたのでポチってしまいました。この手のケーブルはiPhone向けのものばかりでAndroidにも欲しいな、と思っていたところでもあったので3つも注文してしまいました(汗)
特徴 通常のケーブルより最大7%も速く充電可能480Mbpsでデータ転送4000回以上曲げても問題なく使用可能24金の金メッキコネクタにより熱やさびにも強いコンパクトなコネクタヘッドにより、大小ほとんどのケースにも対応
開封すると既に通常のUSBケーブルと雰囲気と違いますね。

箱から取り出すとこう、結構重量感があります。 ケーブルの触り心地は爬虫類の皮膚のような感じでしなやかですが強度があります。

拡大するとこんな感じ、安っぽくは無いですね。

かなりかっこいいです。

Macにもピッタリなデザインです、左ポート指すとAnkerロゴが逆さになってしまいますが・・・
Amazon:http://www.amazon.co.jp/dp/B00SWUZNSO/ref=wl_it_dp_o_pC_nS_ttl?_encoding=UTF8&colid=23ZSLVD61JIB0&coliid=I1X79N6JCBPJLR&psc=1

CyanogenMod 12の最初で最後のSnapshotビルドがリリース

イメージ
CyanogenMod 12の最初で最後のSnapshotビルドがリリースされました。

今回はCyanogenMod 11の時と違い定期的にSnapshotがリリースされるわけではなく最後にSnapshotを配信する形をとったようです。
また、現在もCyanogenMod 11を使い続けているユーザーが一定数いることからCyanogenMod 11の最終安定版もリリースするとのこと(エントリー投稿時点ではまだ配信止されていません)

ダウンロード:http://download.cyanogenmod.org/
情報元:http://www.cyanogenmod.org/blog/releases-11-12-final

SCL23向けに公式のCyanogenMod 12.1が配信開始

イメージ
SCL23(kltekdi)向けのオフィシャルCyanogenMod 12.1がリリースされていました。 導入の際はしっかりとバックアップを取り、GappsはCyanogenMod公式のものを利用することをおすすめします。


国内キャリアモデル向けにCMが公式リリースされるのは2度目ですかね?
動作は非常に安定しています。

ダウンロード:http://download.cyanogenmod.org/?device=kltekdi
変更履歴:http://www.cmxlog.com/12.1/kltekdi/

【配信終了】Androidユーザー向けにGoogle Playで使える550円分のクレジットが配信中!

イメージ
GoogleがAndroidユーザー向けにGoogle Playで使える550円分のクレジットを配信しています。

配信はメールにて行われていて、クレジットの使用期限は来年の6月20日までとなっています。


デバイスや定期購読の支払いには使うことは出来ませんが 、これを機に気になっている有料アプリ等を買ってみるのはいかがでしょうか?

550円分クレジットの受け取り期限は6月27日までとなっております。

格安Bluetoothイヤホン「QY7」を購入してみた

イメージ
今回購入したのは SoundPEATS の Bluetooth イヤホン「QY7」です。
Google で「QY7」と検索をかけるとズラズラとコスパ最強イヤホンであるというレビューがたくさん出てくるのでこれはもう買って確かめてみるしか無いだろうということで実際に購入に至りました。

スペックBluetooth 4.1 + EDRHFR1.6, HSP1.2, AVRCP1.4, A2DP1.2有効接続範囲 10mスタンバイ最大180時間6時間の音楽再生及び通話充電時間 2時間本体サイズ 34 * 26 * 14 mm本体重量16.4g


Amazon での購入時の価格は 2,399 円でした。既に Bluetooth イヤホンとしては破格ですね。

開封

購入して1日かからず到着したQY7、結構箱はボロボロです。(輸入品なのでこの辺りは許容範囲ですかね)
箱を見る限りAndroid 4.2.2以降には正式対応しているみたいです。iOSにはバージョン記載が特にはありませんね。


パカっと開けると黒いケースが見えます。この価格で専用ケースが付いているのは素晴らしいですね。


ですがこう・・ロゴがせっかくあるのですから箱を開けた時ロゴが見えたほうがいいと思うんですよね・・・


取扱説明書も入っていました、なんと日本語!こういった製品って基本的に日本語のガイドなんて入っていないのですが、QY7は結構そういった点しっかりしていますね。
残念な点をあげるなら中華フォントになってしまっている、というところですかね。それと日本語のガイドを制作した方が外国人の方なのでしょうが言葉の使い回しが少しおかしい部分もあります。
それでも日本語ガイドがあるとないとでは敷居の高さが大きく変わってくるので、特に初めてBluetoothイヤホンを購入した方は一度目を通しておくといいと思います。


ケースの中身はこんな感じ、イヤーピース等はごちゃごちゃしていますがイヤホンはしっかり網の中でくるまっています。




ごちゃごちゃとつめ込まれていた原因がこれです、なんとイヤーフックが三種類、しかもサイズ別に用意されており、もちろんイヤーピースもいくつかのサイズ、そしてUSBケーブルも同梱されています。これでは多少荒く詰め込んでしまうのも仕方ないと納得してしまいますね。


本体は電源ボタン、音量ボタンのみのシンプルな作り。


上の光…

SpigenのGalaxy S6 edge用全面液晶保護フィルム、シュタインハイル フレックスを貼ってみた

イメージ
SpigenのGalaxy S6 Edge用全面液晶保護フィルム、シュタインハイル フレックスを購入したので早速貼ってみました。


背面に貼り方が書いてあります。このフィルムはEdgeディスプレイにピッタリと貼れるように保護フィルムに「謎の液体」を掛けて貼り付ける不思議な仕様になっています。


これが「謎の液体」、Spigen汁です。


続いて出てきたのは封筒のようなもの、中には・・・


保護フィルムに背面用保護フィルム、クリーナーにシールです。


では張り付けていきます。


保護フィルム自体は通常の保護フィルムに比べゴムっぽいという評価を受けていたので、どんなものなのかと身構えていましたが実際それほどゴムっぽい感じはしませんでした。
とはいえ通常の保護フィルムとは違う、異質な触り心地です。私は結構好みですが、人によっては好き嫌いがあるかもしれません。


保護フィルムの粘着面にこのSpigen汁をダバダバとかけていきます。


スマートフォンが壊れない程度に適度に、全体にかけていきましょう。


貼ってみました、が結構水っぽい物がナカに入ってキタナイ・・・とりあえず押し出します。


大分水が抜けてきてマシになってきました、画面をつけるとなんとなくゴワゴワしているのは気にならなくなります。また2-3日で完全に水分が抜けるらしいのでもうちょっと綺麗になるのかなという感じです。

Amazonでの評価はあまりよくありませんでしたが製品の特徴をわかった上での購入であればありかなと思います。


Fate/stay night [Realta Nua]のAndroid版がついに配信開始、対応機種が増加!価格は1ルート1600円に

イメージ
Fate/stay night [Realta Nua]がついにAndroidでも配信を開始しました。

Fate/stay night [Realta Nua] 制作: TYPE-MOON 評価: 0.0 / 5段階中 価格: 無料 (2015/5/30 時点) posted by: AndroidHTML v3.1

Fateシリーズの原点、そのセイバールートが期間限定での無料配信です!


iOS版が先行配信され、Android版は今か今かと待っていましたがようやくプレイできますね。
全編フルボイス!PC版の約1.6倍の解像度!ufotable制作のOPアニメ!と結構豪華になってますね。

このセイバールート、は現在放送中のUBWと全く異なる終わりを迎えるのでTVアニメを見てFateシリーズに興味を持った方は是非ともプレイしていただきたいです。
凛ルート、桜ルートも随時配信予定とのことなので非常に楽しみです。

原作は購入にあたり年齢制限がありますが、この作品はどなたでもプレイできる内容になっているのでご安心ください(しかし一部グロテクス/暴力的な表現もあるのでご注意ください)

ストーリー ----数十年に一度、現れるとされる---- --持ち主のあらゆる願いを叶える【聖杯】-- 7人の魔術師(マスター)は、7騎の使い魔 (サーヴァント)と‘契約’し、聖杯を巡る抗争 【聖杯戦争】で、最後の一人となるまでお互いに 殺し合う。 騎士 "セイバー" 槍兵 "ランサー" 弓兵 "アーチャー" 騎兵 "ライダー" 魔術師 "キャスター" 暗殺者 "アサシン" 狂戦士 "バーサーカー" 主人公・衛宮士郎は偶然にも最優のサーヴァント セイバーと契約したことから【聖杯戦争】に巻き 込まれてゆく... ◆対応OS◆ Android OS 2.3.4以降
◆価格◆ アプリ本体(セイバールート):無料(期間限定) ※凛ルート(Unlimited Blade Works)および  桜ルート(Heaven's Feel)は有料で各1600円


ダウンロードサイズはおよそ1GBとなっています。

現時点では

SONYXperia Z1SOL23SO…

Sony MobileがXperia向けにAndroid M Developer Previewをリリース

イメージ
Sony MobileがいくつかのXperia向けにAndroid M Developer Previewをリリースしました。
リリースが確認できているのは AOSP for Xperia™ Z3AOSP for Xperia™ Z3 CompactAOSP for Xperia™ Z3 Tablet CompactAOSP for Xperia™ Z3AOSP for Xperia™ Z2 TabletAOSP for Xperia™ Z1AOSP for Xperia™ Z1 CompactAOSP for Xperia™ Z UltraAOSP for Xperia™ E3AOSP for Xperia™ M2AOSP for Xperia™ T2 UltraAOSP for Xperia™ T3 の12機種のようです(最新の情報は以下のページをご確認ください。) ダウンロード:http://developer.sonymobile.com/knowledge-base/open-source/open-devices/list-of-devices-and-resources/



経由:http://juggly.cn/archives/151428.html 情報元:http://developer.sonymobile.com/2015/06/22/android-m-developer-preview-available-for-xperia-devices-in-sonys-open-device-program/

OmniROMのAndroid 5.1.1バージョンがリリース開始

イメージ
2015年6月21日付けでAndroid 5.1.1バージョンのOmniROMがリリースされました。
初期リリースには以下のデバイスが含まれているようです。

ASUS Transformer Pad (tf300t)ASUS Transformer Pad Infinity (tf700t)Google Nexus 4 (mako)Google Nexus 5 (hammerhead)Google Nexus 6 (shamu)Google Nexus 7 (flo)Google Nexus 10 (manta)Oppo Find 7/7a (find7)Oneplus One (find7op)Sony Xperia Z (yuga)Sony Xperia ZL (odin)
他のROMからアップデート時はもちろん、以前のOmniROMから最新のナイトリービルドに更新時、データをWipeしないとブートループに陥ってしまう事があるようなのでバックアップをし、Wipeを実行してからアップデートすることをおすすめします。

ダウンロード:http://dl.omnirom.org/

アプリを使用率順に並べてくれるウィジェット「 MRU (Most Recently Used) 」Android 5.0 +

イメージ
アプリを使用率順に並べてくれるウィジェット「 MRU (Most Recently Used) 」がかなり便利だったので紹介します。


MRU (Most Recently Used) 制作: Cloudy Day Apps 評価: 4.7 / 5段階中 価格: undefined (2015/6/21 時点) posted by: AndroidHTML v3.1


インストール可能なデバイスはAndroid 5.0以降となっているのでインストールが出来ない端末も多いかもしれません。
また、一部のSamsung、LGのデバイスとは互換性がないようです。


早速ストアからダウンロード、インストールしてみました。


インストール後にウィジェット一覧内にMRUが現れるのでホーム画面にセットします。


すると使用履歴へのアクセスを求めてくるので許可します。


許可によりアプリが何にアクセスできるようになるのかはよく確認しておきましょう。


再度MRUをホーム画面に設置します、すると↑のような設定画面が出てきます、色々いじれるみたいですが私はそのままセットしました。


セットするとこんな感じ、使用頻度の高いアプリをシステムから取得し、順番に並び替えてくれるのであまりホーム画面にアプリを置かない人も一々ドロワーに行かずよく使うアプリを起動することができます。

私の場合ストアやGoogle、SNS系のアプリの使用頻度が高いみたいですね。

この他設定からブラックリスト(非表示にするアプリ)やラベルカラーなども設定可能です。
また課金によりプレミアム機能をアンロックすることも出来るようです。

MRU (Most Recently Used) 制作: Cloudy Day Apps 評価: 4.7 / 5段階中 価格: undefined (2015/6/21 時点) posted by: AndroidHTML v3.1