2017年おすすめのカスタムROMまとめ【3月12日更新】





BlissRoms

主流のカスタムROMで追加されている機能のほとんどが使える全部入り系のROM.
配布場所


BOKROM

Built with Optimizing Kit ROMの略。
10種類以上のROMの長所を取り込んだカスタムROM.
最新バージョンはAndroid 7.1ベースになっている。

LineageOS

幅広い端末をサポートし、AOSPには存在しない同時機能を盛り込んでいる、特に強力なテーマ機能は必見。
セキュリティ関連のアップデートも迅速に行われる、CyanogenModの後継プロジェクト。
最近片手モードが追加されて使いやすくなりました。
配布場所

MIUI

iOSのような美しいデザインを持つ昔から人気のあるROMで、一部の非Xiaomiデバイスにも配信されています。
配布場所

Omni

Android 7.0ベースのカスタムROMでOpenDeltaによるOTAアップデートやダークUIが魅力。
サポート機種も比較的多め。
配布場所


Pure Nexus Project

ピュアGoogleを保ちつつNexusデバイスに安定性と機能をもたらすことを目指しているROM。最小限の拡張機能と圧倒的な安定感が売りとなっています。
配布場所
  • 機種ごとに異なる
アップデート

Remix OS

こちらは少々変わり種。
Remix OSはマルチタスク操作に特化したAndroid ROMで、Remix OSを標準搭載したデバイスも販売されている。
Nexus 10やNexus 9など複数のタブレットデバイスに移植されている他、PCでの利用も可能となった。

配布場所



Resurrection Remix

略してRRと呼ばれるROM
多機能で日本語化もされている為おすすめ。

配布場所

このブログの人気の投稿

これだけは入れておきたいRootアプリまとめ

関連コンテンツ