Xposedで人気のモジュール、GravityBoxがLollipopをサポート


Xposedで人気のモジュールであるGravityBoxがLollipopをサポートしました。

GravityBoxはロック画面からステータスバー、パイの設定まで行えるいわゆる全部入り系のモジュールですが、そんなGravityBoxがついにLollipopでも利用可能となったんですね。

主な特徴

  • QuickSettingsタイルの管理
  • CyanogenModでのパイコントロール
  • 拡張デスクトップ
  • ロック画面のカスタム
  • ステータスバーのカスタム
  • ナビゲーションバーのカスタム
  • パワーのカスタム
  • ディスプレイのカスタム
  • メディアのカスタム
  • ハードウェアキーのカスタム
  • ダイヤラのカスタム
  • ランチャーのカスタム
  • 画面の録画
  • スマートラジオ
  • 通知の制御

Xposedそのものがアルファ版ということもあり、かなり不安定なようです。

経由:GravityBox Makes Massive Return to Lollipop / XDA
ダウンロード:GravityBox [LP]

このブログの人気の投稿

Androidで快適なニコニコ動画再生アプリ「nicoid」の紹介